« パソコン用の眼鏡を購入 | トップページ

2015年8月16日 (日)

Runtime Broker CPU100% Windows 10 on Parallels Desktop 10

OSX Yosemite上で稼働しているParallels Desktop 10の仮想環境で、Windows 8.1 updateからWindows 10に無償アップデートしました。

当初は問題なく使えていたように思うのですが、最近OSが重くなったなと気が付いたらRuntime BrokerというプロセスがCPU使用率100%になっていることがわかりました。

Runtime Brokerというのは、Windows Runtimeで稼働するアプリケーションの管理をしているソフトウェアのようです。

いろいろ調べてみたところ、バックグラウンドでフォト(Photo)のアプリがHDD内の写真をスキャンしているようでした。とりあえずフォトの設定で、ソースのフォルダを削除して、スキャンできなくしてみたところ、Runtime BrokerがCPUを占有することはなくなりました。

|

« パソコン用の眼鏡を購入 | トップページ

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

あれれ 書き込みが(^^)v
このブログ終わってしまったのかと思っていました。パソコンのことはよく分かりませんが、記事があったのが嬉しいです。
家族のものがタブレット購入するようで、いろいろ調べてます。

投稿: 小野 | 2015年8月28日 (金) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/62093710

この記事へのトラックバック一覧です: Runtime Broker CPU100% Windows 10 on Parallels Desktop 10:

« パソコン用の眼鏡を購入 | トップページ