« チョウとガの違い | トップページ | Runtime Broker CPU100% Windows 10 on Parallels Desktop 10 »

2014年9月29日 (月)

パソコン用の眼鏡を購入

ここのところ、目が疲れやすい状態が続いています。もともと、目が疲れやすい方ではあったのですが、どうもスマホやタブレットを使い初めてから、ひどくなったように思います。

眼科で眼底検査をしてもらいましたが、眼底には異常なく、眼精疲労ということでした。スマホやパソコンを長く見続けると、目が疲れるのは当たり前と言われました。

確かに、スマホとタブレットを使い初めてからは、一日中ディスプレイを見ているような感じです。前だったら印刷物を見ていたのが、スマホやタブレットで見る機会が多くなってきました。

眼鏡を外して、目を画面に近づけて見ていましたので、これで目の疲れがひどくなったのかもしれません。肩凝がひどく、首筋から来ているのか頭痛までするようになってしまいました。また、このところ、飛蚊症もひどくなってきたので、ものが見にくい状態はなおりそうもありません。

しかし、スマホやタブレットを手放すわけにもいかず、パソコン使わなければ仕事もできません。そこで、パソコン用眼鏡を買うことにしました。

どんな眼鏡にしたかというと、

まずレンズですが、9段階の遠近両用で、眼鏡をかけたままでも近くが良く見えるようにしました。20代の頃のように近くが良く見えるようになりました。

ゆがみを少なくするため、高屈折率のレンズを選びました。これにより、軽量、薄型となりました。

飛蚊症の影響を少なくするため、ほんの少しですがグレーを入れました。真っ白な画面を見たときに、楽になりそうな感じです。

UVカットに加えて、青色光カットのコーティングをしてもらいました。レンズに蛍光灯を映すと、青色に見えますので、青色光がコーティングで反射されていることがわかります。

これで多少なりとも目の疲れが軽減できれば良いのですが、パソコンを見る時間を少なくするようにしました。そのため、仕事の調整で、ご迷惑をかけてしまった方がいます。

とても申し訳ない状況ですが、ご理解して頂きました。どうもありがとうございます。

|

« チョウとガの違い | トップページ | Runtime Broker CPU100% Windows 10 on Parallels Desktop 10 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/60395626

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン用の眼鏡を購入:

« チョウとガの違い | トップページ | Runtime Broker CPU100% Windows 10 on Parallels Desktop 10 »