« Windows 9のプレビュー版 9月末にリリースか? | トップページ | タコ刺し ゆず塩でいただく  »

2014年8月18日 (月)

ウルトラセブン語録@第46話 ダン対セブンの決闘(1968/08/18)

ウルトラセブン第46話は「ダン対セブンの決闘」です。ニセウルトラセブン、サロメ星人、カプセル怪獣アギラが登場します。

Photo

「平和で美しい伊良湖岬。近頃、この一帯に怪現象が頻々と起こっているとの情報をキャッチした地球防衛軍では、ハイドランジャーで海底を捜索する一方、ウルトラ警備隊のダン、フルハシ、アンヌの3隊員を現地に派遣。その原因を追求することになったのである」(浦野光)

捜査のためダン、フルハシ、アンヌは隊員服ではなく私服で出動します。ダンは水色のシャツ、フルハシは作業服、アンヌは白い帽子にオレンジ色の服を着ています。

フルハシは伊良湖岬の港から沖合を双眼鏡で監視。そこに水中翼船がやってきます。水中翼船が港に到着すると、女が降りてきて、近くに止めてあった、真っ赤なホンダS800に乗り換えて、どこかに向かいます。フルハシからの知らせを受けて、車で追いかけるダンとアンヌ。

女はリゾートホテルに到着、プールサイドのサマーベッドででくつろいでいます。女は何やら腕時計を見ています。その対岸側から女を見張るダンとアンヌ。

ダン「今日こそ尻尾をつかんでやるぞ。アンヌ、女の近くで見張るんだ」

アンヌ「はい」

アンヌはプールに飛び込んで女の方へ近づきます。

海底を探索中のハイドランジャー。このハイドランジャーにはウルトラ警備隊の隊員は搭乗しておらず、地球防衛軍の隊員たちが搭乗しています。ハイドランジャーは、海中の不思議な音波をキャッチ。それは魚雷が近づく音でした。魚雷はハイドランジャーに命中し、ハイドランジャーは爆発してしまいます。

ハイドランジャーの爆発直後、女はプールから立ち去ります。ダンは女を追いかけようとしますが、隊長から無線連絡が入ります。

ダン「はい、こちらダンです」

キリヤマ「ハイドランジャーがやられたぞ。やはりその一帯には敵の基地があると見なければならん。尾行している女の様子はどうか?」

ダン「今のところ別に。でも、水中翼船でどこからともなく現われることや、我々の関心を引こうとする点など、どうもただの女じゃなさそうですね」

キリヤマ「一刻も早く正体を掴むんだ。我々もそちらに急行する」

ダン「了解」

アンヌが女のいたサマーベッドのところに到着。女は腕時計を忘れていました。そこにやってきたダン。ダンは腕時計はハイドランジャーがやられた時間で止まっていることに気が付きます。ホテルの中で、女を捜すダン。しかし、女はS800でホテルを立ち去ります。車で追いかけるダン。ホテルに残り、フルハシ隊員に連絡するアンヌ。

連絡を受けたフルハシは道路でバリケードを張り、S800を停止させようとしますが、S800はブレーキもかけることなく猛スピードでそのまま通過。ダンもその後を追いかけます。

ダンはやがてS800を見失います。ダンは車から降りて、あたりを捜索。大きな灯台を見つけます。灯台に潜入しようと、階段を昇ったダン。いきなり電気ショックを受け、気を失ってしまいます。

▼ダン

「セブンは地球人の味方だ!」

気が付いたダン。身体が拘束されていました。そこに笑いながら現れる男と女。

女「ようこそセブン、ミイラとりがミイラ。まんまと罠にかかったわね」

ダン「罠?…」

男「ここは海底にある我らサロメ星人の海底工場」

ダン「工場?」

女「あなたは、私たちが作っているものを見たくて来たのでしょう。見せてあげるわ。ことにあなたには、是非にでも見てもらいたい」

そういうとサロメ星人たちはダンを工場に連れていきます。そこで、ダンが見たものは、なんとウルトラセブンのロボットでした。

女「いかが?」

ダン「こんなもの作って、どうするというんだ」

男「無敵の超人ウルトラセブンを、セブンを我らの味方にできたら」

ダン「セブンは地球人の味方だ!」

女「それがもうすぐ地球人の敵になるわ!地球上のあらゆる物を破壊するウルトラセブン。正義の味方が悪魔の代名詞になるのよ」

男「地球人はセブンが侵略者になったと思うだろうな」

ダンは呆然とした顔でニセウルトラセブンを見上げます。

再び拘束されるダン。

サロメ星人の話によると、ニセウルトラセブンは未完成でした。

男「そこで、お前に頼みがある。我らがセブンは完成間近だが、ひとつだけ足りないものがある。ウルトラビームだ。ビームの秘密を知りたい」

ダン「ビームの?」

男「我らがセブンは、我がサロメ星の科学を結集して作り上げたものだ。完成すれば天下無敵。我らの計算では、本物のセブンでも倒せる」

女「さあ、ダン。ウルトラビームの秘密を言うのよ」

黙秘するダン

男「よし、トークマシンを使おう」

ダンは隊員服を車に置いていました。ウルトラ・アイは隊員服の胸ポケットの中。ウルトラセブンには変身できません。

▼キリヤマ

「まともに行っては、ダンの二の舞になる」

伊良湖岬に到着したホーク1号。キリヤマ隊長、ソガ、アマギが、フルハシとアンヌに合流します。ダンの車を発見した隊員たち。灯台に向かいます。

灯台の階段の手前で何かに気が付くキリヤマ隊長。

キリヤマ「ちょっと待て!」

キリヤマ隊長の万年筆型の探知機が作動したのです。探査機で階段を調べるキリヤマ隊長。

キリヤマ「下がれ!」

そう言って、キリヤマ隊長は石を拾って、階段に向かって投げます。すると、石は爆発して粉々になってしまいました。

キリヤマ 「見えないバリヤに包まれている。引き上げよう」

サロメ星人の基地では、ダンがトークマシンにかけられ、ウルトラビームの秘密を尋問されていました。

男「さあ、ウルトラビームの秘密を言え」

女「早く言うのよ、ダン」

ダン「ううっ、M2SH3GWFB1」

ウルトラビーム生成のキーワードを教えてしまいました。

男「よし、よく言った。これでウルトラビームができる。我らがセブンも完成するぞ」

海岸ではウルトラ警備隊の隊員たちが、灯台に潜入する方法を相談していました。

キリヤマ「この灯台の地下には敵の基地がある。おそらくダンも」

アマギ「どうやって潜入します?」

キリヤマ「まともに行っては、ダンの二の舞いになる」

▼アンヌ

「まさか、そんなはずはないわ!」

サロメ星人の工場ではニセウルトラセブンにウルトラビームが取り付けられます。それを見せられるダン。ニセウルトラセブンのビームランプが点灯し、動き出します。

女「ダン、見なさい。あなたの兄弟が誕生するのよ」

男「セブンを地上に出す。ウルトラ警備隊もセブンが相手なら不足はなかろう、ハッハッハッ」

ニセウルトラセブンは工場から飛び立ち、地上に向かいます。

そのセブンを発見するウルトラ警備隊の隊員たち。

ソガ「あっ!セブンだ」

ニセウルトラセブンは、いきなりウルトラビームで貨物船を攻撃。

フルハシ「セブンが船を」

アマギ「狂ったのか!」

アンヌ「まさか、そんなはずはないわ!」

隊員たちはホーク1号へ戻ります。

ニセウルトラセブンはその後、客船を破壊。それをテレビで見せつけられるダン。ニセウルトラセブンの完成を喜ぶサロメ星人。

男「ウルトラ警備隊の最期の相手がウルトラセブンとは皮肉な巡り合わせだな」

女「これでウルトラセブンも地球人の敵になった」

男「これでこの工場の役目は終わった。時限装置をセットしろ」

時限爆弾をセットするサロメ星人。

男「ここが、お前の墓場だ」

女「さようなら、ダン」

ダンは脱出しようにも、拘束されているので身動きが取れません。サロメ星人は水中翼船で工場から脱出。

地上ではニセウルトラセブンがウルトラ警備隊をウルトラビームで攻撃したり、岬の建物を破壊したりしています。

工場爆発まであとわずか。ダンはポケットからライターを取り出し、拘束具を焼き切ろうと考えます。しかし、取り出したライターを下に落としてしまいます。磁石のついた道具を取り出し、落ちたライターを拾い上げ、拘束具を焼き切ることに成功します。ダンの脱出と同時に、工場は爆発。

工場の爆発を見て、ダンが死んだと確信するサロメ星人たち。ダンは泳いで海岸に到着、カプセル怪獣アギラを召喚し、ニセウルトラセブンと闘わせます。

アギラの登場に、ダンは死んだはずだと驚くサロメ星人。水中翼船が海上から飛び立ち、上空から様子を見守ります。

アギラは混乱しているのか、ニセウルトラセブンとの戦いにくいのか、ほおづえをついて、隠れてしまいます。ニセウルトラセブンは隠れているアギラをたやすく見つけ、背後から背中を軽く蹴飛ばします。驚くアギラ。ニセウルトラセブンは余裕でアギラを攻撃。

上空ではウルトラホーク1号が水中翼船を攻撃。水中翼船は海上に戻ります。ウルトラホーク1号が海上の水中翼船を攻撃に集中している隙に、ニセウルトラセブンがウルトラビームでウルトラホーク1号を攻撃。ウルトラホーク1号は海上に墜落してしまいます。隊員たちは脱出用ゴムボートで脱出。

ダンはこの間に車に到着。隊員服からウルトラ・アイを取り出し、ウルトラセブンに変身。

ダン対セブンの決闘の始まりです。

男「ダンのやつ、やっぱり生きていたのか」

女「でもご心配いりません。いくら本物でも、我らがセブンの敵ではありません」

最初はウルトラセブンとニセウルトラセブンは互角に戦います。アイスラッガーも相打ちです。お互いに手から光線を発射、光線の綱引きが始まります。ウルトラセブンは光線を断ち切ると、バランスを崩すニセウルトラセブン。ニセウルトラセブンは飛び立ちます。追いかけるウルトラセブン。

▼アマギ

「セブンは勝ったんだ、俺たちのセブンだ!」

ウルトラセブンとニセウルトラセブンの空中戦。やがて、ウルトラセブンは念力でニセウルトラセブンを回転させます。高速で回転するニセウルトラセブンに突っ込んでいくウルトラセブン。ウルトラセブンと高速回転するニセウルトラセブンは、ともに海上に墜落、大爆発します。

アマギ「どっちが勝ったんだ?」

男「勝ったのか?」

女「我らのセブンが負けるはずありません」

すると、セブンが浮上し、泳いで戻っています。そのセブンを見て勝利を確認するサロメ星人。

キリヤマ「セブンはやぶれたのか?」

女「もう世界は我々のモノ。地球人たちは、我らのセブンに征服されるでしょう」

すると、セブンはサロメ星人の水中翼船をわしづかみにして沖へとを持っていきます。沖で大爆発。

アマギ「セブンは勝ったんだ、俺たちのセブンだ!」

ウルトラセブンが、沖から低空飛行で戻ってきます。ウルトラ警備隊の隊員たちに、敬礼して、その場を飛び去っていくウルトラセブン。

その直後、遠くからダンの声。

ダン「おーい」

アンヌ「あっ、ダンだわ!」

隊員たち「ダン!」

ダン「隊長ぉ!」

隊員たちがダンを囲みます。

伊良湖岬に元の平和が戻ったのです。

本物は強かった。

人気ブログランキングへ

|

« Windows 9のプレビュー版 9月末にリリースか? | トップページ | タコ刺し ゆず塩でいただく  »

ウルトラのネタ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

昭和の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/60164773

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラセブン語録@第46話 ダン対セブンの決闘(1968/08/18) :

« Windows 9のプレビュー版 9月末にリリースか? | トップページ | タコ刺し ゆず塩でいただく  »