« 柿の木が完全復活 | トップページ | CrystalRes Windows 7で画面の解像度を瞬時に変更できるソフトウェア »

2014年8月 4日 (月)

ウルトラセブン語録@第44話 恐怖の超猿人(1968/08/04)

ウルトラセブン第44話は「恐怖の超猿人」です。ゴリーとゴーロン星人が登場します。

Photo_3

静寂な夜の街。パトロール中の2人の警官が、ニワトリをぶら下げて歩く大男を発見します。警官は、大男をニワトリ泥棒と疑い職務質問します。大男はいきなり暴れ始め、警官は、手を付けられなくなった大男に対し、発砲して、手錠をかけます。すると、突然、大男は全身毛むくじゃらになり、猿の姿になります。猿人間は手錠を引きちぎり、警官に襲いかかり、警官を惨殺してしまいます。

▼キリヤマ

「ゴリラと見えてゴリラじゃない。人間の血液で人間とも思えん。では一体何だ」

この事件は、ほどなく、ウルトラ警備隊に報告されました。警官の死因は、2人とも、頚骨を粉々にされていることでした。相当強烈な一撃を首に受けたと考えれます。その力は明らかに人間の限界を超えているものでした。

ダン 「すると、人間じゃないかも知れませんね」

キリヤマ「うん、県警から捜査の依頼を受けたのも、その点からだ」

警官の持っていた警棒は真っ二つにへし折られていました。これも人間の力とは思えません。

キリヤマ「たまたま、現場付近を通りかかった目撃者の話によると、ゴリラのようなものが、3メートルもある塀に飛び上がって、軽い身のこなしで塀伝いに逃げていったとのことだ」

フルハシ「ゴリラね。なるほど怪力なはずだ」

キリヤマ「あわてるな。まだゴリラと決まったわけじゃない。初めからゴリラと判っていたら、何もウルトラ警備隊に捜査を依頼しなくともよかろう」

現場に残された犯人の血痕を調べたところ、血痕はゴリラのものではなく、人間のものでした。

ソガ「恐怖のあまり、ゴリラと間違えたんでしょう。似てますからね。直立して歩いていれば」

キリヤマ「では、仮に人間だったとして、3メートルも飛び上がれると思うか。しかも、警棒を真っ二つにして、首をたたき折るほどの力、一体どんな人間が想像できる。言ってみろ!」

キリヤマ「ゴリラと見えてゴリラじゃない。人間の血液で人間とも思えん。では一体何だ」

謎は深まるばかりです。原因を究明するため、ダンとアンヌは日本モンキーセンターに話を聞きに行きます。

アンヌ「「ここには世界の猿が、1000頭近くもいるんですって」

ダンとアンヌはビジターセンターに到着。警官を襲った大男と白衣の女が2人の様子を伺っています。

白衣の女「ウルトラ警備隊だ。お前は仕事をしなさい。早く」

大男「あうっ」

ダンとアンヌは白衣の女に話しかけます。

アンヌ 「こんにちは」

白衣の女「お待ちしておりました、どうぞ」

アンヌ「博士はお元気ですか」

白衣の女「ただいま、お仕事中です」

話をしながら館内を歩く3人。大きなゴリラの剥製と骨格標本に驚くアンヌ。

ダン「ここにゴリラは?」

白衣の女「現在1頭もおりません」

アンヌ「ちょっとご挨拶してくるわ」

アンヌは博士の部屋を訪れ、博士に挨拶します。

博士「ずいぶん、久しぶりじゃぁないか」

アンヌ「3年ぶりくらいかしら。でも、ここにはゴリラがいなくて、良かったですわ」

博士「うむ。例の事件か」

アンヌ「ええ、猿なのか人間なのか。まだハッキリしていないんです

博士「早く犯人を捕まえてもらいたいね。そうでないと、あらぬ疑いをかけられて困るよ」

アンヌ「あら、わたしそんなつもりで来たんじゃありません!」

博士「ハッハッハッ、冗談、冗談。まぁ、モンキーアパートでも見てきたまえ。また増えて百種類になったよ」

一方、ダンは白衣の女に館内を案内されていました。

ダン「これは?」

白衣の女「ゴールデン・ライオン・タマリンです」

ダンはこの猿を見て、「これが猿だろうか?」と疑念を持ちます。そして、何か見覚えがあるような気がします。

そのとき、ちょうどアンヌが博士の部屋から戻ってきます。

アンヌ「ダン、モンキーアパートを見ましょうよ」

▼ダン

「一度、何気ないふりで引き上げる。それから戻って忍び込む」

モンキーアパートを見学するダンとアンヌ。檻の前に、あの大男が掃除をしていました。大男はアンヌとダンを見ていますが、その隙に檻の中の猿に指を噛まれてしまいます。ダンとアンヌは大男のところに駆けつけます。アンヌはハンカチを取り出して、大男の指に巻き付けて止血します。ハンカチをじっと見つめる大男。どうやらアンヌのことを好きになってしまったようです。

その後、ダンとアンヌはモンキーセンターの見学を続けますが、ダンは白衣の女が、こちらの様子を伺っていることに気が付きます。あわてて隠れる白衣の女。

アンヌ 「どうしたの?」

ダン「どうも気になる。あの大男にしても、助手にしても。どこか様子が変だ。アンヌ、これは調査の必要がありそうだぞ」

アンヌ「どうするつもり?」

ダン「一度、何気ないふりで引き上げる。それから戻って忍び込む」

アンヌ「OK。じゃあ、博士に挨拶してくるわ」

この隙に、大男はポインターのボンネットを開き、エンジンのプラグの配線をニッパーで切ります。アンヌを引き留めておきたいということでしょう。

博士と白衣の女がダンとアンヌを見送ります。

アンヌ「たいへんお邪魔いたしました」

博士「今度はゆっくり遊びにいらっしゃい」

ポインターのボンネットが開けられていることに気が付くダン。ポインターは壊されていました。

博士「こりゃ、いかん。よかったら泊まっていきなさい。これからの夜道は大変ですよ」

アンヌ「でも」

ダン「いいじゃないか、お世話になろう」

ダン「こちらダン、本部応答願います」

キリヤマ「そっちの様子はどうだ?」

ダン「別に異常ありません。ただ、ポインターが故障して、今夜こちらで一泊したいんですが」

キリヤマ 「いいだろう。ただ定時連絡だけは忘れるな」

夜のモンキーセンター。博士と白衣の女がゴールデン・ライオン・タマリンの前にいます。ゴールデン・ライオン・タマリンが鳴き声をあげると、博士と白衣の女はだまってうなずきます。

ダンがポインターを修理していると、背後から大男がダンに襲いかかります。さすがのダンも大男にあっさりと倒されてしまいます。大男にとって、アンヌと仲の良いダンは邪魔な存在だったのです。

白衣の女「ゴリー、大事な実験材料を殺したわね」

大男の名前はゴリー。

▼アンヌ

「やめて!お願いします、やめてください」

おかしな様子に気が付き、部屋を出て館内を調べ始めるアンヌ。地下に降りると、灯りのついている部屋から何か物音がします。アンヌは部屋の中をこっそりと覗こうとしますが、白衣の女に見つかり、つかまってしまいます。アンヌに対して、ムチを振るう白衣の女。

壁にはゴリーが鎖につながれていましたが、アンヌのピンチを見て、騒ぎ始めます。ゴリーに気が付くアンヌ。

白衣の女「その男は、人間の格好をした猿人間さ」

アンヌ「えっ?」

白衣の女「体は人間だけど、脳波は猿のモノと交換されているんだ。この脳波交換装置によってね。お前の脳みそも、今夜、猿のと替えてやるからね」

そこへ博士がやってきましたが、博士も白衣の女の仲間でした。

アンヌ「博士」

博士「手術台にのせろ」

アンヌ「いや」

博士「お前の勝手な行動によって、我々の目的があやうく警備隊にもれるところだった。バカめが」

博士はゴリーを叱ります。

アンヌ「やめて!お願いします。やめてください」

このアンヌの叫びを聞いて、ゴリーは猿の姿に変身、鎖を引きちぎって、アンヌを助け出します。

その後、ダンとアンヌが合流。

ダン「アンヌ、至急本部に連絡を」

アンヌ「はい」

ダン「ポインターが使えない。間もなく夜が明けるだろう。向うに降りて日本ラインを下った方が早い」

アンヌ 「ダンは?」

ダン「僕は調べたいことがある。あの猿は宇宙人かもしれないんだ。早く」

アンヌ「はい!」

ゴールデン・ライオン・タマリンの檻の中は空っぽになっていました。ダンにテレパシーでメッセージを伝えてきます。

ダン「やっぱり貴様、ゴーロン星人」

ゴーロン星人「さすがはセブン。よくぞ見破った」

ダン「人間と猿の脳波を入れ替えて、どうするつもりだ」

ゴーロン星人「猿人間を増やすんだ。地球はやがて猿人間が支配するようになる」

ダン「それで博士たちを、脳波催眠にかけて操っていたんだな」

ゴーロン星人「彼らは私のロボットだ。私の思い通りに動く。だがお前は騙せなかった。その代わり、殺す

ゴーロン星人の脳波攻撃を受けて、苦しむダン。巨大化したゴーロン星人が現れます。ダンはすかさずウルトラセブンに変身します。

アンヌは日本ラインの川下りの船に乗り込みます。すると、船の漕ぎ手の中に、ゴリーがいることに気が付きます。

アンヌ「船を岸に着けて下さい。お願いします」

岸に着いたアンヌは、すかさず逃げ出します。そのあとを追うゴリー。

ちょうど、その頃、連絡を受けたキリヤマ隊長たちがホーク1号で日本ライン上空に差し掛かります。アンヌを見つけて、着陸するホーク1号。間もなくアンヌは隊長たちと合流します。

アンヌ 「隊長!隊長!」

キリヤマ「あっアンヌ!」

ゴリーは 猿人間に変身して、攻撃をしかけます。

そのとき、フルハシが銃を抜き、ゴリーを射殺します。ゴリーは崖から転げ落ちますが、安らかな顔をして死んでいました。自分を助けてくれたゴリーに対して複雑な思いのアンヌ。

その頃、ウルトラセブンはゴーロン星人との戦いを続けていました。ゴーロン星人は脳波光線を放ち、ウルトラセブンを苦しめます。ウルトラセブンは何度もハンドショットを放ち、ゴーロン星人を攻撃します。ハンドショットの爆発に翻弄するゴーロン星人。最後は、ウルトラセブンがエメリューム光線でゴーロン星人を仕留めます。

ゴーロン星人が倒されると、博士と白衣の女は催眠から解かれます。ダンに無事保護される博士と白衣の女。自分たちが何をしていたのか記憶がないようです。

「人間と猿の脳波を交換して、猿人間を増やし、地球を征服しようとしたゴーロン星人の計画は失敗に終わった。平和を取り戻したモンキーランドは、今日もよい子の見学者たちでいっぱいです。しかし、安心は出来ません。いかにも人間らしい顔つきで、その実、脳みそは猿という、トンでもない動物が、あなたの身近にもいないとは限りませんからね」(浦野光)

人気ブログランキングへ

|

« 柿の木が完全復活 | トップページ | CrystalRes Windows 7で画面の解像度を瞬時に変更できるソフトウェア »

ウルトラのネタ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

昭和の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/60094522

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラセブン語録@第44話 恐怖の超猿人(1968/08/04) :

« 柿の木が完全復活 | トップページ | CrystalRes Windows 7で画面の解像度を瞬時に変更できるソフトウェア »