« ウルトラセブン語録@第33話 侵略する死者たち(1968/05/19) | トップページ | 家畜のゲップが地球温暖化の原因?? »

2014年5月20日 (火)

Parallels DesktopのWindowsでスクリーンショットのショートカットキーを作成する方法 OS X 10.9 Mavericks‎

Windowsで画面のスクリーンショットを取るには、プリントスクリーン[PrintScreen]キーを使いますが、Macにはプリントスクリーンキーがありません。

MacのショートカットキーもしきくはParallelsの[表示]メニューの[スクリーンショットの作成]を使うと、Parallels上のWindowsのスクリーンショートを取ることはできますが、全画面のスクリーンショットしか取れません。しかも、画像データはOSX上のデスクトップにファイルとしてしかできないので使い勝手があまりよくありません。

しかし、Parallels Desktopの環境設定で、ショートカットキーの設定を行うと、Windowsのプリントスクリーン[PrintScreen]やウィンドウごとのプリントスクリーン[Alt]+[PrintScreen]を実現することができるようになります。

1.Parallels Desktopのメニューから[環境設定]を開きます。Parallels DesktopのメニューはParallels上のWindowsから呼び出してもかまいませんし、OS X上のデスクトップから呼び出してもかまいません。

Parallelsmenu

2.環境設定を開いたら、キーボードのアイコンの[ショートカット]を選びます。

Screenshot1

3.ショートカットを開いたら、左側の仮想マシンのところのWindowsを選び、右側の左下の[+]ボタンをクリックします。

Screenshot2

4.プリントスクリーンを割り当てたいキーを決めます。

選択前は、Parallels DesktopのWindowsで実際に使うキーです。キーを設定するテキストボックスにフォーカスを移動し、割り当てたいキーを押すと、キーを自動的に入力できます。

選択後は、選択前で設定したキーをWindowsのどのショートカットに割り当てるかを決めます。こちらもテキストボックスにフォーカスを移動し、割り当てたいキーを押すと、キーを自動的に入力できます。

Screenshot3

ここでは、Parallels Desktop で使うキーをF3、F3に割り当てるWindowsのショートカットキーを[Alt]+[PrintScreen]にしました。

Screenshot4

この設定では、F3を押すと、フォーカスの当たっているウィンドウのスクリーンショットを取ることができます。このスクリーンショットはWindows側で行われますので、画像データはWindowsのクリップボードにコピーされます。

人気ブログランキングへ

|

« ウルトラセブン語録@第33話 侵略する死者たち(1968/05/19) | トップページ | 家畜のゲップが地球温暖化の原因?? »

OSX」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/59668408

この記事へのトラックバック一覧です: Parallels DesktopのWindowsでスクリーンショットのショートカットキーを作成する方法 OS X 10.9 Mavericks‎:

« ウルトラセブン語録@第33話 侵略する死者たち(1968/05/19) | トップページ | 家畜のゲップが地球温暖化の原因?? »