« ど根性サクラあっさり散る | トップページ | マイクロソフト IEの修正プログラムを公開 XPにも対応 »

2014年4月30日 (水)

ゼロデイ問題/ゼロデイ攻撃とは Zero-day attack

ゼロデイ問題/ゼロデイ攻撃とは、ソフトウェアにセキュリティホール(脆弱性)が見つかった場合に、そのセキュリティホールの存在やその対策方法が広く告知される前に、そのセキュリティーホールを悪用した攻撃を受ける可能性がある状態、もしくは攻撃を受けた状態のことです。

セキュリティホールが発見と実際の攻撃の間に日にちが空かないので、ゼロデイ(Zero-day)と呼ばれます。逆に、攻撃によって、それまで未知だったセキュリティーホールの存在が明らかになった場合もゼロデイ攻撃と呼ばれます。

今回、マイクロソフトのInternet Explorerで発見されたと報道されているゼロデイ問題には2つあります。一つ目は、IEそのものに見つかったもの、2つ目は Adbe Flash Playerに見つかったものです。ですので、IEでもAdbe Flash Playerを使わなければ大丈夫ということではないようです。

問題を避けるためには、Adbe Flash Playerをバージョンアップすること、当面の間はInternet Exploreを使わないようにすることです。

人気ブログランキングへ

|

« ど根性サクラあっさり散る | トップページ | マイクロソフト IEの修正プログラムを公開 XPにも対応 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/59559407

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロデイ問題/ゼロデイ攻撃とは Zero-day attack:

« ど根性サクラあっさり散る | トップページ | マイクロソフト IEの修正プログラムを公開 XPにも対応 »