« 最後のサクラか | トップページ | ど根性サクラに認定 »

2014年4月23日 (水)

サポートが切れたWindows XPが起動不能に Microsoftが修正パッチ公開

 Microsoftは、Windows XPのサポートを4月9日に終了していますが、Windows XP用のMicrosot Security Essentialsを2015年7月14日まで提供するとアナウンスしています。

Windows XP サポート終了 Security Essentialのパターンファイルは2015年7月14日まで提供 にも書いたのですが、4月9日を過ぎてからは、Microsot Security EssentialsがWindows XPのサポートが切れたというメッセージを表示するようになりました。しかも、最新の定義ファイルを入れていても、危険な状態を表す赤いバーが表示されるようになっていました。かなり紛らわしい状態です。

 自宅である目的でWindows XPのパソコンを引き続き使用しているのですが、Microsoft Security Essentialsの定義ファイルのアップデートをしたところ、起動しなくなってしまいました。マイクロソフトもひどいことをするなと思って諦めていたのですが、どうやら、これはバグだったようです。

 マイクロソフトは、修正パッチAntimalware Engine 1.1.10502.0 を既にリリースしていますが、そもそもパソコンが起動しなくなっているのです。対応可能なのだろうか。あと、Virtual Boxで動いているXPもあります。これも起動しなくなっていました。とりあえず、後で調べてみようと思います。Safeモードで起動かな。

人気ブログランキングへ

|

« 最後のサクラか | トップページ | ど根性サクラに認定 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/59517542

この記事へのトラックバック一覧です: サポートが切れたWindows XPが起動不能に Microsoftが修正パッチ公開:

« 最後のサクラか | トップページ | ど根性サクラに認定 »