« 今年のサクラはど根性化するか | トップページ | 葉桜に花が一輪 »

2014年4月16日 (水)

総務省が地方自治体にWindows XPの使用継続を注意喚起 個人情報は大丈夫?

総務省がWindows XPやMicrosoft Office 2003などの使用継続について、地方自治体へ注意喚起を通知したようです。

総務省:Windows XP 等のサポート期間の終了に伴う対応

総務省の推進する電子自治体の取組に関して平素よりご尽力いただきまして、ありがとうございます。

さて、総務省では、標題の件に関しまして「Windows XP  等のサポート有効期間の満了に係る対応について(注意喚起)」(平成 25 年 4 月 22 日付け事務連絡)及び「Windows XP等のサポート期間の終了に伴う対応について」(同年 11 月 22 日付け総行情 84 号)により、地方公共団体が利用している Windows XP 等のソフトウェアについては、サポート期間終了(平成 26 年 4 月 9 日)までに速やかに更新していただく等の適切な対応をお願いしてきたところです。

今回、改めてご協力いただいた「Windows XP 更新状況にかかるフォローアップ調査」の結果、地方公共団体が保有するパソコン約 204 万台のうち、サポート期間終了後も業務で引き続き使用する Windows XP を搭載したパソコンが、約 26 万 5 千台(全数の 13.0%)となっております。

今後も引き続きサポート期間が終了したソフトウェアを使用することは、例えウィルス対策ソフトを導入したとしても、不正プログラム感染や、不正アクセスによる情報漏えい等を防止することが困難になります。

ついては、更新が完了していない場合には、

①可及的速やかに更新を実施する
②更新が完了するまでの間は当該パソコンの使用を停止する
③やむを得ず使用する場合はインターネットに接続しない

など、情報セキュリティ対策に万全を期していただくよう改めてお願いします。

なお、各情報セキュリティ担当課におかれては貴団体内の関係部署に対して、御周知いただきますようお願いいたします

しかし、問題はパソコンやOSを入れ替える費用が工面できないということですから、注意喚起では解決しないでしょう。国民の個人情報を管理しているシステムの対策がしっかり行われているでしょうか。情報漏洩などしたら、目も当てられません。

人気ブログランキングへ

 

|

« 今年のサクラはど根性化するか | トップページ | 葉桜に花が一輪 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/59469173

この記事へのトラックバック一覧です: 総務省が地方自治体にWindows XPの使用継続を注意喚起 個人情報は大丈夫?:

« 今年のサクラはど根性化するか | トップページ | 葉桜に花が一輪 »