« ウルトラセブン語録@第25話 零下140度の対決 (1968/03/24) | トップページ | ニシンの刺身 »

2014年3月25日 (火)

一太郎で文書校正ができない 編集モードの切り替えで解決

 一太郎には文書校正機能がついています。文章校正を行うには、[ツール]メニューから[文書校正]を開き、[文書校正の実行]を選びます。

 ところが、次の図のように、この文章校正のメニュー表示がグレー表示されて、文章校正ができなくなっているときがあります。文章校正に関する設定変更をしたわけでもなく、まったく心当たりがありません。

Photo

しかし、いろいろ調べてみたところ、画面表示のモードが[印刷イメージ]になっていると、文章校正ができなくなる仕様であることがわかりました。

[表示]メニューを開いて、[ドラフト編集]か[イメージ編集]に変更すると、文章校正を実行できるようになります。

これはさすがに知らないと気がつかない。ずいぶん時間をつぶしてしまいました。

文章校正メニューをグレー表示にするときは、メニューのポップアップの説明を所定のものから「編集画面が印刷イメージでは文章校正できません」などに変更するか、ステータスバーに赤字で表示してくれると、すぐにわかるのですが。

人気ブログランキングへ

|

« ウルトラセブン語録@第25話 零下140度の対決 (1968/03/24) | トップページ | ニシンの刺身 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

一太郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/59342031

この記事へのトラックバック一覧です: 一太郎で文書校正ができない 編集モードの切り替えで解決:

« ウルトラセブン語録@第25話 零下140度の対決 (1968/03/24) | トップページ | ニシンの刺身 »