« スーパージャイアンツ 宇津井健さん亡くなる | トップページ | ウルトラセブン語録@第24話 北へ還れ! (1968/03/17) »

2014年3月16日 (日)

Internet Explorerのフォントを変更して表示を綺麗にする方法

インターネットエクスプローラが表示に使うフォントはMSPゴシックとMSゴシックです。

この2つのフォントは、フォントの縁を滑らかにするアンチエイリアスに対応していないので、ピクセルのギザギザであるジャギーが目立ちます。

インターネットエクスプローラのフォントをアンチエイリアス対応の適切なフォントに変更すると、文字の表示が綺麗になり、読みやすくなります。

フォントを変更は次の手順で行うことができます。

1.インターネットエクスプローラを起動する

2.「ツール」メニューを開いて、インターネットオプションを開く

3.インターネットオプションのダイアログの下部にある「フォント」ボタンをクリックする

Iefont

4.WebページフォントのMSPゴシックと、テキスト形式フォントのMSゴシックを、アンチエイリアス対応のフォントに変更する

Iefontmsp

5.Webページフォントはプロポーショナル、テキストフォントは等幅フォントを使います。

自分はHGP平成角ゴシック体W3とHG平成角ゴシック体W3に変更してみました。

Iefonthgp_2

次はMSPゴシック/MSゴシックの設定での表示です。Msfont_2

次はHGP平成角ゴシック体W3/HG平成角ゴシック体W3の設定での表示です。

Hgfont

アンチエイリアス対応のフォントを使った方が表示が綺麗になります。

なお、サイトによっては、MSPゴシック/MSゴシックで表示を最適化しているものがあります。そのようなサイトでは他のフォントを使うと、文字数が合わずに改行されるなどして表示が乱れる場合があります。その場合、別の適切なアンチエイリアス対応のフォントを捜すか、元のMSPゴシック/MSゴシックのフォントに戻してください。

人気ブログランキングへ

|

« スーパージャイアンツ 宇津井健さん亡くなる | トップページ | ウルトラセブン語録@第24話 北へ還れ! (1968/03/17) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/59302894

この記事へのトラックバック一覧です: Internet Explorerのフォントを変更して表示を綺麗にする方法:

« スーパージャイアンツ 宇津井健さん亡くなる | トップページ | ウルトラセブン語録@第24話 北へ還れ! (1968/03/17) »