« 懐疑的な猫 | トップページ | ヨセミテ渓谷@トンネルビュー »

2014年2月 5日 (水)

SONY VAIOブランドを売却のニュースを否定せず

 日経新聞や朝日新聞などが、SONYがVAIOブランドの事業を、投資ファンドの日本産業パートナーズに売却すると報じています。日本産業パートナーズは先月末にNECからビックローブ事業を買収した会社です。

 報道によると、SONYと日本産業パートナーズがVAIO事業を引き継ぐ新会社を設立するとのことでが、SONYは、この報道に関して、SONYが発表したものではないとコメントをしています。しかし、PC事業の売却については否定しておらず、さまざまな選択肢を検討しているところであると説明しています。

 先日、NHKが、SONYがレノボとPC事業の新会社を共同で設立すると報じた際には、SONY は報道を明確に否定していましが、今回は玉虫色のコメントです。おそらく、SONYが近いうちにVAIOブランドを手放すのは事実だろうと思います。

SONYは1997年7月にVAIO(Video Audio Integrated Operation)ブランドのデスクトップPCを国内で発売開始、同年11月にはVAIO NOTE505の発売を開始しました。

 以降、数々のVAIOブランドのPCの製造・販売、2008年にはVAIOをVisual Audio Intelligent Organizerと位置づけし直し、デスクトップ、ノートの他に、PDAを発表しました。

Pcvt700mr

 SONYがVAIOから撤退することは非常に残念なことです。モバイル端末のXperiaとの連携で巻き返せるかなとも思いましたが、パソコンの低価格化や競争の激しさなどを考えると、SONYがPC事業を続けていくのは難しい状況なのだろうと思います。

人気ブログランキングへ

|

« 懐疑的な猫 | トップページ | ヨセミテ渓谷@トンネルビュー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/59076347

この記事へのトラックバック一覧です: SONY VAIOブランドを売却のニュースを否定せず:

« 懐疑的な猫 | トップページ | ヨセミテ渓谷@トンネルビュー »