« 輸入や飼育を禁止の方針 外来種のミドリガメ (ミシシッピアカミミガメ)  | トップページ | バチマグロの刺身 »

2014年1月11日 (土)

Opera15以降で起動オプションでキャッシュの保存場所を変更する方法

 WebブラウザのOperaはバージョン15から、レンダリングが独自エンジンからWebkit/Blinkに変更となり、Chromiumベースのブラウザとなりました。これに伴い、設定などの仕様が大きく変更となりました。

 現在のOperaはChromiumベースなので、起動オプションでキャッシュの保存場所を簡単に変更することが可能です。起動オプションを設定するには次のようにします。

(1)Operaのショートカットを右クリックし、プロパティを表示します。

Operacache

(2)赤い四角で囲んだリンク先のところに、次のように設定します。

"C:\Program Files (x86)\Opera\launcher.exe" --disk-cache-dir="キャッシュの場所"

  • Operaのインストール先を変更した場合はlauncher.exeのパスが上記とは異なります。
  • キャッシュの保存場所は例えば "Z:\OperaCache" のように設定します。

(3)[OK]ボタンをクリックし、プロパティを終了します。

(4)Operaを起動し、意図した保存場所にフォルダができているかどうか確認します。

以上でOperaのキャッシュの保存場所を変更することができます。

自分はRAMDISKをZとして作成し、<Z:\OperaCache>をキャッシュの保存先としました。

<Z:OperaCache>の下に<cache>というフォルダが作成され、その下に data_0 や f_00000aなどのファイルができており、キャッシュの保存先の移動が成功していることを確認しまいた。

人気ブログランキングへ

|

« 輸入や飼育を禁止の方針 外来種のミドリガメ (ミシシッピアカミミガメ)  | トップページ | バチマグロの刺身 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ありがとう!
出来ました^^

投稿: | 2015年12月20日 (日) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/58917847

この記事へのトラックバック一覧です: Opera15以降で起動オプションでキャッシュの保存場所を変更する方法:

« 輸入や飼育を禁止の方針 外来種のミドリガメ (ミシシッピアカミミガメ)  | トップページ | バチマグロの刺身 »