« かかってきた電話番号の情報を表示してくれるアプリ 電話帳ナビ | トップページ | 殻付きマカデミアナッツ »

2013年11月30日 (土)

ツナとシーチキンの違い

 「ツナ」(tuna)は英語でマグロのことで、マグロの身を油に漬けるなどして缶詰にしたものを「ツナ缶」などと呼びます。

 「シーチキン」の缶詰というものがありますが、シーチキンもマグロです。ですから、ツナ缶もシーチキンの缶詰も同じものです。

 実は「シーチキン」は、水産加工品製造販売の「はごろもフーズ」の登録商標です。ツナ缶の味が鶏肉のささみに似ていることから、海の鶏肉を意味するシーチキンと名付けたそうです。

ですから、はごろもフーズの製品は「シーチキン」、他の会社の製品はすべて「ツナ缶」と表記されています。ちなみに、「シーチキンマイルド」はカツオを使用したものだそうです。

人気ブログランキングへ

|

« かかってきた電話番号の情報を表示してくれるアプリ 電話帳ナビ | トップページ | 殻付きマカデミアナッツ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

知る人ぞ知る」カテゴリの記事

身近なもののしくみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/58670513

この記事へのトラックバック一覧です: ツナとシーチキンの違い:

« かかってきた電話番号の情報を表示してくれるアプリ 電話帳ナビ | トップページ | 殻付きマカデミアナッツ »