« ウルトラセブン語録@第9話 アンドロイド0指令 (1967/11/26) | トップページ | イネの品種改良の仕組み »

2013年11月27日 (水)

白い恋人の味に似ているセブンイレブンのラングドシャ

北海道のお土産の定番と言えば石屋製菓の「白い恋人」です。一番小さなサイズのものが9枚入りで560円です。白い恋人は、濃厚なホワイトチョコレートをフランスの焼き菓子のラン・グ・ドシャクッキーで挟んだお菓子です。とても美味しいので、北海道に行ったときには必ず、これを買ってきます。

Photo

「白い恋人」はこちらでは通信販売以外の入手は難しいので、普段は食べることはできませんが、「白い恋人」とよく似た味がするのが、セブンイレブンのラングドシャです。

価格は9枚入りで128円と「白い恋人」よりずいぶん安いですのですが、とても上品な味に仕上がっていると思います。「白い恋人」の方がチョコレートが濃厚であることは間違いないのですが、おそらく「白い恋人」とその場で食べ比べないと違いはわからないかもしれません。「白い恋人」が好きな人は、是非1度買ってみてください。9枚128円ですから。

知人にセブンイレブンのラングドシャ食べてもらったら、これでいい!ということでした。何がいいのか聞いてみたら、「白い恋人」じゃなくても良いということだとそうです。

Photo_2

実は100円ローソンにもラングドシャが売っています。こちらは8枚105円です。こちらは、ホワイトチョコレートの量がかなり少なく、味はセブンイレブンのものに比べてもだいぶ落ちます。これを買うなら、セブンイレブンのものを買った方が良いでしょう。

「白い恋人」の代わりに!とは、おすすめしませんが、話題に1度ぐらいは食べ比べてみると良いかと思います。

Photo_3

人気ブログランキングへ

|

« ウルトラセブン語録@第9話 アンドロイド0指令 (1967/11/26) | トップページ | イネの品種改良の仕組み »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/58653030

この記事へのトラックバック一覧です: 白い恋人の味に似ているセブンイレブンのラングドシャ:

« ウルトラセブン語録@第9話 アンドロイド0指令 (1967/11/26) | トップページ | イネの品種改良の仕組み »