« お粥と雑炊の違い | トップページ | 米マイクロソフト Windows 8.1 の価格を発表 »

2013年9月17日 (火)

iPhone/iPod touchをワイヤレスのキーボードとマウスにするアプリ Remote Mouse FREE

ワイヤレスマウス Remote Mouse FREEは、iPhoneやiPod touchをパソコンやMacのワイヤレスのキーボードとマウスとして使うことができるようにするアプリです。AppStoreでワイヤレスマウスで検索すると見つけることができます。

Remotemouse1

1.サーバソフトウェアのインストール

 このアプリを使うためには、Windows PCまたはMacにも、サーバソフトウェアをインストールしておく必要があります。サーバソフトウェアは下記のサイトからダウンロードすることが可能です。

Remote Mouse http://www.remotemouse.net/

Remotemousewebsite

 Windows の場合は上記サイトの左から2番目のアイコンをクリックし、セットアップファイルをダウンロードします(RemoteMouse.exe)。ダウンロードすると「RemoteMouse.exeの発行元を確認できませんでした」と表示されますが、そのままダウンロードしても問題ありません。ダウンロードが完了したら、インストールします。

 Macの場合は、AppStoreのアプリケーションから、Remote Mouseをインストールします。

2.Remoto Mouseの使い方

 サーバソフトウェアをWindows PC/Macにインストールしたら、サーバソフトウェアを起動します。続いて、iPhone/iPod touchにインストールしたアプリを起動します。次のような画面が表示されます。

Remotemouse2

ここで真ん中の[ス...](スタート)ボタンをタップすると、自動的にサーバソフトを探して、通信を開始します。サーバーが見つからない場合は、右横の[P]ボタンをタップして、サーバがインストールされているWindows PC/MacのIPアドレスを入力します。IPアドレスはサーバーソフトウェアの[Show IP Address]で表示することができます。

Remotemouse3

 通信が確立すると、次のような画面が表示されますが、これは有料版を購入すると、アプリを横向きにして横型の大きなキーボードを使うことができますというメッセージです。無料版を使い続ける場合は左上の[続ける]ボタンをタップします。

Remotemouseskip

 続けるボタンをタップすると、iPhone/iPod touchの画面にマウスパッドとキーボードが表示されます。この画面を使って、Windows PC/Macを遠隔操作することが可能となります。

Remotemouse4

サーバーソフトウェアの[Preferences]で、パスワードをかけることができます。これによって自分のiPhone/iPod touch以外からのアクセスを受け付けなくすることが可能です。

Remotemousepreferece

パスワードを設定している場合、アプリの[ス...]ボタンをタップし、サーバーに接続したときに、次のようにパスワードの入力が求められます。

Remotemousepassword_2

これをインストールしておくと、寝ながらでもパソコンを操作することができるようになるので、たいへん便利です(^^ゞ

人気ブログランキングへ

|

« お粥と雑炊の違い | トップページ | 米マイクロソフト Windows 8.1 の価格を発表 »

iPhone/iPod touch」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/58213208

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone/iPod touchをワイヤレスのキーボードとマウスにするアプリ Remote Mouse FREE:

« お粥と雑炊の違い | トップページ | 米マイクロソフト Windows 8.1 の価格を発表 »