« マイクでひろった音楽の曲名を教えてくれるアプリ 口笛や鼻歌でもOK SoudHound iPhone/iPod touch | トップページ | ウルトラセブン第48話「史上最大の侵略(前編)」放映45周年!(1968/09/01 19:00) »

2013年8月31日 (土)

夢をありがとう! トウカイテイオーが急死

 1990年12月のデビューから無敗のままで1991年の皐月賞、日本ダービーを制し、1992年のジャパンカップ、1993年の有馬記念を制した牡馬トウカイテイオー(25歳)が30日にで死にました。トウカイテイオーは、種牡馬として北海道安平町の社台スタリオンステーションで暮らしていました。死因は急性心不全による突然死だそうです。

 トウカイテイオーは史上初の無感の三冠馬シンボリルドルフの血をつぐ競走馬です。親子2代で無敗のダービー制覇を成し遂げました。1992年の春の天皇賞でメジロマックィーンと対決し、5着と敗れましたが、その後、剥離骨折していることが判明し、半年間の休養に入りました。同年秋の天皇賞で7着と敗れましたが、ジャパンカップで優勝しました。その年の有馬記念でも優勝を期待されましたが、11着に終わりました。

 翌年、左中臀筋を炒めていることが判明、1年間の休養に入ります。そして、復帰戦は364日ぶりとなる1993年の有馬記念。一番人気は菊花賞馬ビワハヤヒデ、2番人気はジャパンカップを制したレガシーワールド、3番人気はダービー馬ウィニング・チケットでした。トウカイテイオーは4番人気でした。他、桜花賞、オークスを制した牝馬2冠のベガや春の天皇賞馬ライスシャワーが出場しました。このレースは出走馬14頭中8頭がG1馬という夢のレースとなりました。

奇跡の復活 トウカイテイオー 1993第38回 有馬記念

 レースでは、トウカイテイオーは中盤まで後方待機、2周目の第3コーナーあたりから追い上げを開始し、最後の直線走路で、このまま優勝間違いなしと思われたビワハヤヒデを追走、ゴール前の競り合いに勝ち、ビワハヤヒデに1/2馬身差で優勝し、見事に復活を遂げました。

着順 枠番 馬番 競走馬名 タイム 着差
1 3 4 トウカイテイオー 2.30.9
2 8 13 ビワハヤヒデ 2.31.0 1/2馬身
3 7 12 ナイスネイチャ 2.31.6 3 1/2馬身
4 5 8 マチカネタンホイザ 2.31.6 アタマ
5 6 9 レガシーワールド 2.31.7 クビ
6 8 14 メジロパーマー 2.31.9 1 1/4馬身
7 2 2 セキテイリュウオー 2.32.1 1馬身
8 4 6 ライスシャワー 2.32.1 クビ
9 3 3 ベガ 2.32.3 1 1/4馬身
10 4 5 ウィッシュドリーム 2.32.3 クビ
11 7 11 ウイニングチケット 2.32.6 2馬身
12 1 1 エルカーサリバー 2.33.1 3馬身
13 6 10 エルウェーウィン 2.34.7 10馬身
14 5 7 ホワイトストーン 2.34.8 クビ

 トウカイテイオーは翌年1994年も春の天皇賞に向けて調教を続けましたが、故障が続き、現役続行を断念。10月に引退式が行われました。

トウカイテイオーの引退式

人気ブログランキングへ


 

|

« マイクでひろった音楽の曲名を教えてくれるアプリ 口笛や鼻歌でもOK SoudHound iPhone/iPod touch | トップページ | ウルトラセブン第48話「史上最大の侵略(前編)」放映45周年!(1968/09/01 19:00) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/58098760

この記事へのトラックバック一覧です: 夢をありがとう! トウカイテイオーが急死:

« マイクでひろった音楽の曲名を教えてくれるアプリ 口笛や鼻歌でもOK SoudHound iPhone/iPod touch | トップページ | ウルトラセブン第48話「史上最大の侵略(前編)」放映45周年!(1968/09/01 19:00) »