« アラスカの野生ヒグマのサケ狩りライブカメラ | トップページ | エチオピア航空のB787の出火の原因はエアコン? »

2013年7月13日 (土)

B787 再び出火事故

 英国ロンドンのヒースロー空港で、現地時間7月12日、8時間ほど駐機していたエチオピア航空のボーイング787で火災が発生しました。幸い乗客は搭乗していませんでしたので、人的被害はありませんでした。この事故で滑走路が1時間半ほど閉鎖されました。

現在、英航空当局と米運輸安全委員会が出火の原因を究明していますが、BBC放送のニュース映像では、垂直尾翼の前方の機体上部に焼け焦げ跡が映っていたようです。

BBC NEWS UK Heathrow reopens after Boeing Dreamliner 787 fire

787

 バッテリーの発火で、機体の外側に焦げ跡が残るのかどうかわかりませんが、出火の原因が一連のバッテリー出火事故と関係があるのか注目されています。

 B787はバッテリーのトラブルで今年1月に運航停止となっていました。バッテリーの改善が施されたとして、4月下旬に運航停止が解除されました。今回の出火がバッテリーに関係したものであることが判明すると、787の安全性の問題が再燃することになります。

 利用者が不安を感じ、問題の焦点が、機体の安全性から安心性になってくると、かなり深刻な状況になると思われます。早期に原因を調査し、裏付けのある解決策を施すことが重要です。

人気ブログランキングへ

|

« アラスカの野生ヒグマのサケ狩りライブカメラ | トップページ | エチオピア航空のB787の出火の原因はエアコン? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/57780991

この記事へのトラックバック一覧です: B787 再び出火事故:

« アラスカの野生ヒグマのサケ狩りライブカメラ | トップページ | エチオピア航空のB787の出火の原因はエアコン? »