« Google Trekker 軍艦島(端島)のストリートビューを公開 | トップページ | 合成洗剤は手あれの原因になるのか? »

2013年7月 2日 (火)

桐生祥秀選手 10.55秒で予選落ち

 6月30日に英国バーミンガムで行われた陸上のダイヤモンドリーグの男子100メートル予選1組で、10秒を切る記録を出すのではないかと期待されていた桐生祥秀選手は10.55秒で8着となり予選落ちとなりました。

桐生祥秀 M'100m予選 ダイヤモンドリーグ陸上2013-630

 桐生祥秀選手は日本歴代2位の10.01秒の記録をもち、今大会は主催者から招待されていました。

桐生祥秀選手が10.01秒の記録を出した競技の映像は桐生祥秀選手の走り 世界最速の高校陸上選手 に記載してあります。

人気ブログランキングへ

|

« Google Trekker 軍艦島(端島)のストリートビューを公開 | トップページ | 合成洗剤は手あれの原因になるのか? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/57709155

この記事へのトラックバック一覧です: 桐生祥秀選手 10.55秒で予選落ち:

« Google Trekker 軍艦島(端島)のストリートビューを公開 | トップページ | 合成洗剤は手あれの原因になるのか? »