« 欧州連合(EU)がブラウザの独禁法違反でマイクロソフトに制裁金683億円の支払い命令 | トップページ | マッハCopy 大容量ファイルのコピーを高速化 »

2013年3月 9日 (土)

Google Chromeで音声入力を使ってみた

Google Chrome の最新バージョン(v25.0.1364.97以降)では、W3CのWeb Speech APIをサポートがされました。これによって、パソコン版Google Chromeで音声をテキストに変換することができる機能を実装できるようになりました。

音声入力の機能は次のデモサイトで確認することができます。

これを実際に使用してみるとわかりますが、音声を入力すると、まず入力した音声を直接変換したテキストが表示されます。このとき、こちらの意図しないテキストが表示されることがありますが、その後、すぐに正しいテキストに書き直されます。入力されたデータをサーバに問い合わせて、正しい結果を表示しているのだと思います。

Web Speech API Demonstration
https://www.google.com/intl/en/chrome/demos/speech.html

Chrome
人気ブログランキングへ

|

« 欧州連合(EU)がブラウザの独禁法違反でマイクロソフトに制裁金683億円の支払い命令 | トップページ | マッハCopy 大容量ファイルのコピーを高速化 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/56920004

この記事へのトラックバック一覧です: Google Chromeで音声入力を使ってみた:

« 欧州連合(EU)がブラウザの独禁法違反でマイクロソフトに制裁金683億円の支払い命令 | トップページ | マッハCopy 大容量ファイルのコピーを高速化 »