« ANA B787 緊急着陸 | トップページ | 温泉でウルトラセブンを歌うおじさん »

2013年1月17日 (木)

米国連邦航空局 B787の運航停止を命令

 米国の連邦航空局(FAA)は、16日にANA692便ボーイング787で発生したバッテリートラブルによる緊急着陸を重視し、同型機の運航を停止するよう米国の航空会社に命令を出しました。米国内で対象となるのはユナイテッド航空が運航している6機だけです。また、FAAは各国の航空関係当局にも同様の対応をとるよう呼びかけています。全世界で現時点で運行中のB787は49機です。

 今回の運航停止命令は極めて異例の措置ですが、運航停止の理由はバッテリーの安全性の確認となっています。ANA692便は緊急着陸後の調査で、バッテリー電解液が漏れて本体が変色していることが判明しました。バッテリーの安全性が確認されるまで運航停止措置が続くということです。

 なお、バッテリーにはリチウムイオン電池が使われていますが、この電池の供給元は日本のジーエス・ユアサ コーポレーションです。今月9日にボストンで発生したJALのB787の発火事故でも同じバッテリーが使われていました。バッテリーそのものに原因があるのか、B787の電気系がバッテリーに負荷がかかるようになってしまっているのかはわかりませんが、当局ならびに関係各社が一致協力して調査を行い、透明性のある調査結果を発表することが重要です。

 民間航空機の安全性の確認については、これまでの多くの時間と労力が注ぎ込まれています。その結果、民間航空機は極めて安全性の高い乗り物となっています。このような問題が発生したときには、安全と安心の両立を実現するとは、こういうことなのだという実例を示して欲しいものです。

人気ブログランキングへ

【関連記事】飛行機の死亡事故の確率はどれぐらいか

|

« ANA B787 緊急着陸 | トップページ | 温泉でウルトラセブンを歌うおじさん »

飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/56559764

この記事へのトラックバック一覧です: 米国連邦航空局 B787の運航停止を命令:

« ANA B787 緊急着陸 | トップページ | 温泉でウルトラセブンを歌うおじさん »