« 大島渚監督が逝去 | トップページ | 米国連邦航空局 B787の運航停止を命令 »

2013年1月16日 (水)

ANA B787 緊急着陸

 16日午前8時10分頃、山口宇部空港発羽田行きのANA692便のボーイング787型機から「コクピットから煙が出た」と緊急の連絡があり、同機は午前8時47分に香川県の高松空港に緊急着陸しました。

 高松空港の滑走路は閉鎖され、乗客129名乗員8名の計137名が脱出用スロープで避難しました。乗客数名が軽傷を負ったようです。

 ANAによると、操縦席でバッテリーに関するエラーメッセージが表示され、操縦席と客室で異臭がたため、緊急着陸をしたとのことです。コックピットから煙が発生したという情報がありましたが、煙は確認されていないとのこです。

 この事故により、ANAとJALは当面の間、原因が判明し安全が確認されるまでは、ボーイング787型機の運行を取りやめると発表しました。

 ANAとJALの決断に対して、他の航空会社やボーイング社はどのように判断するでしょうか。窓ガラスのひび割れはともかく、バッテリーと燃料漏れはトラブルが重なっていますので、原因を十分に調査した方が良いでしょう。

 人気ブログランキングへ

|

« 大島渚監督が逝去 | トップページ | 米国連邦航空局 B787の運航停止を命令 »

ニュース」カテゴリの記事

飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/56553523

この記事へのトラックバック一覧です: ANA B787 緊急着陸:

« 大島渚監督が逝去 | トップページ | 米国連邦航空局 B787の運航停止を命令 »