« トイレにまつわる怪談-トイレの花子さん、赤いマント | トップページ | Google Knowledge Graph (グーグル・ナレッジグラフ)を使ってみた »

2012年12月 6日 (木)

Google Knowledge Graph (グーグル・ナレッジグラフ)が日本語に対応

 今年5月から米国内で提供が開始されていたGoogle Knowledge Graph (グーグル・ナレッジグラフ)が、日本語、ロシア語、ポルトガル語、イタリア語、スペイン語、フランス語、ドイツ語の7カ国語に対応しました。

 従来の検索は、キーワードを文字として認識し、検索結果を表示していましたが、ナレッジグラフでは、キーワードの意味を認識し、検索結果を表示します。

 現在、ナレッジグラフについてネット上で流れているニュース記事がわかりにくいかもしれません。ナレッジグラフがどのような検索機能なのか、応用例にはどのようなものがあるかなどは、Googleの次のサイトで解説されています。

ナレッジ – 検索サービス – Google
http://www.google.com/insidesearch/features/search/knowledge.html

Introducing the Knowledge Graph

ナレッジグラフは数日の間に全ユーザーで利用できるようになるようですが、自分の環境は未だ利用できていません。使えるようになったら、改めて記事をまとめようと思います。

【追記】この記事書いたら、いきなりナレッジグラフが使えるようになりました。偶然か(^▽^) 使い勝手はGoogle Knowledge Graph (グーグル・ナレッジグラフ)を使ってみたを参照してください。

人気ブログランキングへ

【関連記事】

|

« トイレにまつわる怪談-トイレの花子さん、赤いマント | トップページ | Google Knowledge Graph (グーグル・ナレッジグラフ)を使ってみた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/56261914

この記事へのトラックバック一覧です: Google Knowledge Graph (グーグル・ナレッジグラフ)が日本語に対応:

« トイレにまつわる怪談-トイレの花子さん、赤いマント | トップページ | Google Knowledge Graph (グーグル・ナレッジグラフ)を使ってみた »