« Google Knowledge Graph (グーグル・ナレッジグラフ)が日本語に対応 | トップページ | イチョウの枯れ葉 »

2012年12月 6日 (木)

Google Knowledge Graph (グーグル・ナレッジグラフ)を使ってみた

 Google Knowledge Graph (グーグル・ナレッジグラフ)が日本語に対応という記事を書いたら、ちょうどナレッジグラフが利用できるようになりました。さっそく使ってみました。

 先日のGoogleのデモでは、ルーブル美術館を例に説明されていましたが、ここでは他のキーワードについて考えて見たいと思います。

 次はキーワードを「日本」として検索した結果です。「日本」というキーワードの意味を認識して、従来の検索結果の右側にナレッジグラフの結果が表示されます。

国旗、首都の東京が指し示された日本地図、国番号、面積、人口、名目GDP、通過など日本に関する基本的な情報が表示されます。その下には、富士山などの名所の写真が表示されています。

Photo_2

続いて、「スカイツリー」で検索してみました。結果は次の通りです。スカイツリーの各部までの高さが表示された写真、アクセスマップ、概要が表示されます。その下には、他の人はこちらも検索というカテゴリが表示され、東京タワーなどの観光名所が表示されます。

Photo_3

同音異義語を検索してみる

 このナレッジグラフで一番便利なのは、同音異義語の検索かもしれません。同音異義語で検索したとき、自分の意図していない意味の検索結果がたくさん表示され、目的の情報を探すのが難しいときがあります。このようなときに、ナレッジグラフは威力を発揮してくれます。

例えば、キーワードに「カブ」と入力したとき、従来の検索機能は、ホンダのスーパーカブと野菜のカブを検索結果として出してきます。画像検索ではスーパーカブばかりが出てきます。ナレッジグラフの機能が働いた状態で、「カブ」で検索すると、次の図のように通常の検索結果の右側に、ホンダ・カブか野菜のカブかを選択することができるようになります。こちらを検索の方に表示されている野菜のカブを選ぶと、こちらが入力した「カブ」の意味が野菜であることを認識し、検索結果にはスーパーカブは表示されなくなります。

Photo

同じように「ジャガー」で検索すると、自動車のジャガーか、動物のジャガーかを選ぶことができます。雑多な検索結果が表示されてしまうキーワードの検索で威力を発揮するでしょう。

やってみると、いろいろ面白いです。「タイガース」と入力すると、野球チームとグループサウンズのタイガースが出てきます。

人気ブログランキングへ

【関連記事】

|

« Google Knowledge Graph (グーグル・ナレッジグラフ)が日本語に対応 | トップページ | イチョウの枯れ葉 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/56262210

この記事へのトラックバック一覧です: Google Knowledge Graph (グーグル・ナレッジグラフ)を使ってみた:

« Google Knowledge Graph (グーグル・ナレッジグラフ)が日本語に対応 | トップページ | イチョウの枯れ葉 »