« Google 100,000 Stars で銀河系を宇宙探険しよう  | トップページ | Google Map PC版にインドアマップ表示を追加 »

2012年11月22日 (木)

Windows 7「エクスプローラは動作を停止しました」を調べてみた(MFC80U.DLL)

 Windows 7 Ultimate 64bitを使っているのですが、時々、エクスプローラが「エクスプローラは動作を停止しました」というメッセージを表示して、アプリケーションエラーで落ちるときがあります。

 このブログでもこの問題の対処方法について、いろいろと記事を掲載しているのですが、未だに恒久的な解決には至っておりません。

 このエラーが出たときに、原因を突き止めるために、まず確認する必要があるのはエラーの内容です。これは、イベントログで確認することができます。

 イベントログはコントロールパネルから[システムとセキュリティ][管理ツール]を開いて、イベントビューアを起動すると見ることができます。スタートメニューを開いて、イベントでプログラムを検索するとイベントログが出てきますので、それを起動しても構いません。

 自分の環境でのエラーはこのような感じです。

Mfc80udll

下記がエラーの内容です。

障害が発生しているアプリケーション名: explorer.exe、バージョン: 6.1.7601.17567、タイム スタンプ: 0x4d672ee4
障害が発生しているモジュール名: MFC80U.DLL、バージョン: 8.0.50727.6195、タイム スタンプ: 0x4dcde196
例外コード: 0xc0000005
障害オフセット: 0x0000000000047dd0
障害が発生しているプロセス ID: 0x1564
障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01cdc7cfafc32d70
障害が発生しているアプリケーション パス: C:\Windows\explorer.exe
障害が発生しているモジュール パス: C:\Windows\WinSxS\amd64_microsoft.vc80.mfc_ 1fc8b3b9a1e18e3b_8.0.50727.6195_ none_8448b2bd328df189\
MFC80U.DLL
レポート ID: be424b2f-3440-11e2-b6dc-60380e06a881

これを見ると、エラーが起きているのはMFC80U.DLLというDLLファイルであることがわかります。このDLLファイルはMicrosoft® Visual Studio® 2005に付属しているものです。

マイクロソフトがアナウンスを出しているこの問題の解決方法は、追加情報 MFC80U.DLLが原因か Windows 7 「エクスプローラは動作を停止しました」 にまとめました。しかし、これをやっても、そのうちまた同じ問題が生じるようになります。

エクスプローラが落ちると、スタートメニューが落ちてしまいます。被害を最小限にするには、エクスプローラを別プロセスで起動します。この方法は、Windows 7の致命的エラー 「エクスプローラーは動作を停止しました」を解決する方法に説明してあります。

MFC80U.DLLを呼び出しているアプリケーションがいて、それがエクスプローラのエラーを引き起こしているのですが、そのアプリケーションの特定ができていません。エラーが起きるときは、エクスプローラの操作をしている時が多いので、エクスプローラに機能を追加した拡張機能が原因かもしれません。

それから、UlitmateとEnterprise版のユーザーは、言語パックを英語にしてしまうと、このエラーが出なくなります。MFC80U.DLLが呼び出されてなくなるのかもしれません。

人気ブログランキングへ

|

« Google 100,000 Stars で銀河系を宇宙探険しよう  | トップページ | Google Map PC版にインドアマップ表示を追加 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/56166096

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7「エクスプローラは動作を停止しました」を調べてみた(MFC80U.DLL):

« Google 100,000 Stars で銀河系を宇宙探険しよう  | トップページ | Google Map PC版にインドアマップ表示を追加 »