« 巨大なロブスター | トップページ | Google 100,000 Stars で銀河系を宇宙探険しよう  »

2012年11月21日 (水)

svchost.exe (audiodg.exe) がCPUを占有する / Windows 7 Ulitmate 64bit

 Google Chromeを終了すると、svchost.exeがメモリとCPUを占有するという問題が起きていました。これが生じるとCPUやマザーボードの温度が異常に上昇しす。ひどいときにはマザーボードの温度が100度という値が出ることもありました。

 Process Exploreというソフトウェア(タスクマネージャで確認できないSVCHOST.EXEプロセスを表示 - svchost viewer / Process Explorer)を使って、svchost.exeの中身を確認してみたところ、どうやらメモリとCPUを占有しているのはAudiodg.exeというプログラムでした。

  Audiodg.exeの問題は既にいくつかの報告があります。対策方法として有名なものとしては、コントロール・パネルからサウンドの設定を開いて、スピーカーのプロパティの拡張タブにある「すべてのサウンド効果をオフにする」にチェックを入れるというものです。

 ところが自分の場合は、これでは解決できませんでした。どうしたものかと思って、マイクロソフトのサポートサイトで見つけたのがこちらのページです。

Handle leak occurs in the Audiodg.exe process in Windows 7 or in Windows Server 2008 R2
http://support.microsoft.com/kb/2670667/ja

ここから修正プログラムをダウンロードしてインストールしてみたところ、Audiodg.exeがメモリとCPUを占有するという症状は出なくなりました。

もう少し様子を見てみます。

人気ブログランキングへ

|

« 巨大なロブスター | トップページ | Google 100,000 Stars で銀河系を宇宙探険しよう  »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/56157298

この記事へのトラックバック一覧です: svchost.exe (audiodg.exe) がCPUを占有する / Windows 7 Ulitmate 64bit:

« 巨大なロブスター | トップページ | Google 100,000 Stars で銀河系を宇宙探険しよう  »