« 青森県 マダラの出荷制限解除を国に申請 | トップページ | ウルトラセブン第5話「消された時間」放映45周年!(1967/10/29 19:00) »

2012年10月29日 (月)

VAIO Z 再び引取修理

 2009年に購入したVAIO Zですが、今回はバックスペースキーのキートップが外れて、再び入院となりました。これで引取修理は5回目となりました。

  1. ハードディスクの故障
  2. 電源を切ると、電源が落ちずに再起動になる現象
  3. 液晶パネルに縦線が入る、ファンの回転が不十分で本体過熱
  4. マウスパッドが動かなくなる
  5. キートップが外れる

 キートップの交換で引取修理ということで、他にも問題がないか確認していたところ、いくつかの症状が見つかりましたので、ついでに見てもらうことにしました。

 まず、CPUやマザーボードの温度を確認するソフトウェアを起動してみたところ、80度を超えることが多々あります。それで、ファンの吹き出し口に手をかざしてみたのですが、ずいぶん風が弱いような感じです。これは上記3の修理の際の症状と同じように思います。マザーボードとファンの再確認をお願いしました。

 それから、これは以前から気になっていたのですが、液晶にわずかな染みのようなものができています。上記3の修理で縦線が入っていた位置と同じところです。位置が同じなのは偶然と思いますが、染みが少しずつ濃くなっているので気になります。これも確認をお願いしました。

 もうひとつ、一応リカバリディスクを作っておいたのですが、このときDVDの読み書きが少し変でした。使っているうちに症状が出なくなったのですが、ピックアップの汚れかもしれません。これも確認してもらうことにしました。

 この3点については、問題がなければそのままでも良いのですが、3年ワイドの保険も適用されるようなので、交換できるものなら交換してもらいたいところです。

Windows 8が出てそろそろ次のモデルを検討しています。また、VAIOにしようかなと思っていますが、3年ワイド保障は必須です。

人気ブログランキングへ

|

« 青森県 マダラの出荷制限解除を国に申請 | トップページ | ウルトラセブン第5話「消された時間」放映45周年!(1967/10/29 19:00) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/55996003

この記事へのトラックバック一覧です: VAIO Z 再び引取修理:

« 青森県 マダラの出荷制限解除を国に申請 | トップページ | ウルトラセブン第5話「消された時間」放映45周年!(1967/10/29 19:00) »