« マイクロソフト Windows 8を発売開始 | トップページ | 青森県 マダラの出荷制限解除を国に申請 »

2012年10月27日 (土)

Google 日本語の検索アルゴリズムを変更

Googleは「Googleウェブマスター向け公式ブログ」の 10月23日付けの記事「独自コンテンツをより高く評価するために 」において、日本語の検索アルゴリズムを変更したことを表明しています。

Googleは、このアルゴリズムの変更はWebサイトの検索順位を改善するためのものと説明しています。この変更によって、独自コンテンツを持つWebサイトが、より検索結果の上位に表示されるようになるようです。日本語検索結果の約5%に影響すると説明しています。

確かに最近では、まとめサイトなどが台頭しており、オリジナルのコンテンツを持つWebサイトが埋もれやすくなっている面はありそうです。ただし、ユーザーが情報を探すという観点から考えた検索結果という意味では、必ずしもオリジナルコンテンツをもつWebサイトが上位表示されれば良いとも限りません。しかし、コピーしたサイトが上位に表示されてしまうという問題もあります。このあたりは非常に判断が難しいところだと思います。

人気ブログランキングへ

|

« マイクロソフト Windows 8を発売開始 | トップページ | 青森県 マダラの出荷制限解除を国に申請 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/55982433

この記事へのトラックバック一覧です: Google 日本語の検索アルゴリズムを変更:

« マイクロソフト Windows 8を発売開始 | トップページ | 青森県 マダラの出荷制限解除を国に申請 »