« Apple 7インチの iPad を10月に発表か | トップページ | しゃべる猫2 こいつも宇宙人かもしれない(笑) »

2012年8月28日 (火)

青森県太平洋沖産のマダラからセシウム検出で出荷制限

 青森県の太平洋沖で漁獲され、8月9日に八戸港で水揚げされたマダラから1キログラムあたり100ベクレルの基準値を超える放射性セシウムが検出されました。

 この海域で漁獲されたマダラは6月にも国の基準値を上回る放射性セシウムで汚染されていました。このとき、青森県は漁協に対して、出荷自粛を求めました。この出荷自粛は、約1ヶ月間様子を見て、7月末に解除となっていました。

 今回、汚染されたマダラが再び発見されたことを受けて、政府は8月27日に、青森県に対して、太平洋沖のマダラの出荷を制限するように指示を出しました。

 マダラは青森県の日本海側でも収穫できるので、青森県のマダラがすべて出荷制限されたわけではありません。ですから、青森県産のマダラというだけで買い控える必要はありません。

 また、マダラの旬は冬ですから、まだ時間的な余裕はあると思います。旬になる前に解除されれば良いのですが、解除されないとなると、漁獲量が減るため今冬はマダラの価格が高騰する可能性もありそうです。

人気ブログランキングへ

|

« Apple 7インチの iPad を10月に発表か | トップページ | しゃべる猫2 こいつも宇宙人かもしれない(笑) »

動物」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/55526403

この記事へのトラックバック一覧です: 青森県太平洋沖産のマダラからセシウム検出で出荷制限:

« Apple 7インチの iPad を10月に発表か | トップページ | しゃべる猫2 こいつも宇宙人かもしれない(笑) »