« 紀伊國屋書店 無料でWi-Fiサービスを提供 | トップページ | Windows 8 正式リリースは10月 »

2012年7月10日 (火)

米Mozilla メールクライアントのThunderbirdの開発を終了

米国のMozilla Foundation(モジラ)は、7月6日のブログにおいて、オープンソースのメールクライアントソフトウェアのThunderbird(サンダーバード)の開発を終了する方針を表明しました。

 Mozillaは、今後Thuderibirdについては新機能を開発することはなく、6週間ごとにセキュリティと安定性を重視したアップデートのみを行うとしています。

 MozillaがThuderibirdの開発を終了する背景には、Webアプリの台頭があります。デスクトップで稼働するメールクライアントソフトウェアとしてのThunderbirdについては、十分に先進的な機能が搭載されており、これ以上の機能の充実はMozillaが優先的に取り組むべき課題ではないとの判断があったようです。

 Thunderbirdは世界で2000万人以上のユーザーが利用しているため、Mozillaは今後もThunderbirdの提供を継続するとしています。

 確かに、スマートフォンやタブレット端末の利用が広がるに連れて、メールのクライアントはWebアプリが多くなってきました。パソコンでもGmailなどのWebアプリを使っている人が多くなってきていると思います。

 とはいえ、デスクトップソフトウェアとしてのThunderbirdの開発が終了するのは非常に残念なことです。

人気ブログランキングへ

|

« 紀伊國屋書店 無料でWi-Fiサービスを提供 | トップページ | Windows 8 正式リリースは10月 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/55160498

この記事へのトラックバック一覧です: 米Mozilla メールクライアントのThunderbirdの開発を終了:

« 紀伊國屋書店 無料でWi-Fiサービスを提供 | トップページ | Windows 8 正式リリースは10月 »