« ワニ退治に成功 剥がれた靴底をとりあえず簡単に直す方法 | トップページ | LinkedIn パスワード650万件流出 »

2012年6月 7日 (木)

Google Earth 年末までに都市部の詳細な3D地図を公開

Googleが、同社のブログでGoogle EarthやGoogle Mapなどの地図サービスに関する新しい取り組みの発表をしています。

The never-ending quest for the perfect map
http://googleblog.blogspot.jp/2012/06/never-ending-quest-for-perfect-map.html#!/2012/06/never-ending-quest-for-perfect-map.html

①詳細な3D表示

現在、Google Earthでは建物などの3D表示を行うことができますが、この機能をさらに充実し、年末までに、都市部の詳細な3D表示ができるようにするそうです。

この3D地図に表示される建物などのオブジェクトはコンピュータで単純に描かれた立方体などの図形ではないそうです。建物から木々の形状までが詳細な3Dで表示されます。

どのようにして、詳細な3D表示をしているかというと、元になっているデータは、航空機で4方向から45度の角度でオブジェクトを撮影した画像のようです。それらの画像を組み合わせて、立体的な建物を地図の中に再現し、自動的に3D表示を行うようです。

その3D表示マップのデモの映像がこちらです。まるで街の上空を飛んでいる飛行機から見たような景観です。まずは、米国の都市からの対応と思います。

New 3D imagery for Google Earth for mobile

②オフラインモードを搭載したGoogle Map for Android

数週間以内にオフラインモードで稼働するGoogle Map for Androidをリリースするそうです。

③Googleストリートビューの充実

Googleストリートビューは自動車やオート三輪車に搭載した全方位カメラで撮影されますが、徒歩に対応し全方位カメラを開発したそうです。これによって、街の中の小路や、自然環境の山道、建物の中などのストリートビューを実現できるようになります。

Google Earth/Mapがどんなシステムに発展するのかとても楽しみです。

人気ブログランキングへ

|

« ワニ退治に成功 剥がれた靴底をとりあえず簡単に直す方法 | トップページ | LinkedIn パスワード650万件流出 »

Google Map」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/54899005

この記事へのトラックバック一覧です: Google Earth 年末までに都市部の詳細な3D地図を公開:

« ワニ退治に成功 剥がれた靴底をとりあえず簡単に直す方法 | トップページ | LinkedIn パスワード650万件流出 »