« オン隼カメラ ハヤブサに取り付けたカメラの映像 | トップページ | マイカレンダーのリクエストが届きました facebook »

2012年5月30日 (水)

日銀総裁 貿易赤字は一時的で経常黒字の基調変わらないと表明

 30日に行われた日銀主催の国際会議で、白川方明総裁は、日本の2011年の貿易赤字は一時的なものとして、経常収支の黒字基調に変わりないとの考えを表明しました。

 2011年の貿易収支が赤字となった理由について、白川総裁は東日本大震災の影響で輸出が減少したこと、原子力発電所が停止し化石燃料の輸入が増加したと述べ、これらのことは永続的なものではないと説明しました。

 過去を振り返れば、景気対策がままらない状況の中で、東日本大震災が起こり、円高がいっそう進んだわけです。そして、現在はこの状況から抜け出せなくなっています。この間に大企業が生産拠点を日本から中国や東南アジアに移しています。現地法人から、諸外国へ直接輸出ということになるでしょう。

 また、原子力発電所も先が見えない状況が続いています。原発の再稼働は簡単にはできませんから、今後も化石燃料の輸入は減らないでしょう。

 こうした状態を永続的なものではないと判断する理由が理解できません。

人気ブログランキングへ

|

« オン隼カメラ ハヤブサに取り付けたカメラの映像 | トップページ | マイカレンダーのリクエストが届きました facebook »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/54834090

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀総裁 貿易赤字は一時的で経常黒字の基調変わらないと表明:

« オン隼カメラ ハヤブサに取り付けたカメラの映像 | トップページ | マイカレンダーのリクエストが届きました facebook »