« NY市場で1ドル79円台 円高へ逆戻り | トップページ | 色が見える仕組み - 目次 »

2012年5月 2日 (水)

Google Gmailで自動翻訳機能が利用可能に

Google のWeb メール サービスGmailでベータ版として一部のユーザーに提供されていた翻訳機能が公式版として公開されました。

Gmailの翻訳機能が有効になると、メールの本文の上部に次の図の①のようなバーが表示されるようになります。このバーの真ん中の「メッセージを翻訳」をクリックすると、メッセージが翻訳されます。

Gmail1

Googleの翻訳はいろいろな言語に対応していますが、日本のユーザーのデフォルトの設定では日本語のメールには①のバーが表示されません。日本語を他の言語に翻訳したいという場合もあると思いますが、そのような場合は②の▼をクリックします。

すると次の図のようなメニューが表示されます。「メッセージを翻訳」を選ぶと、上手の①のバーが表示されます。あとは言語を変更すれば、自分の好きな言語に翻訳することができます。

Gmail2

最初の図の文章を翻訳してみました。こんな感じになります。

Gmail3

翻訳の能力はこの程度なのでしょうが、以前に比べると、ずいぶん良くなりました。さらに賢くなることを期待したいと思います。

テキストもはっておきます。

----

あなたはNASAのためにデーのイメージを購読している。この情報は、最近更新され、現在は使用できる状態になっている。

アポロ13号
2012年4月13日12:00 AM EDT

NASAのアポロ13号は、米国の第三の月着陸ミッションになる予定だった。それはフロリダの発射台39Aから14:13 ESTに、1970年4月11日発売しました。左から右へとミッション司令官ジム·ラヴェル、コマンドモジュールパイロットジョンSwigertと月着陸船パイロットのフレッド·W·ヘイズです。サービスモジュールの酸素タンクが破裂した後にミッションが中止されました。それでも、使命があるため乗組員を救助で得た経験の "成功した失敗"として分類されました。乗組員は、彼らが住んでいて、4月13日の夕方に無重力状態で働いていた方法快適に示す49分のテレビ放送を終えたとして、ラヴェルこれは素敵な夜がある誰もが望んでアポロ13号の乗組員である "と述べてインタビューを終えて、我々 'ちょうど水瓶座の私たちの検査を終了し、オデッセイで快適な夜を取り戻すために準備ができている。おやすみなさい。 " 9分後、酸素タンク第2は、第1タンクでも失敗し、爆発した。電気、光と水のコマンド·モジュールの通常の電源が失われました。乗組員は地球から約20万マイルだった。集中的な調査の後、アポロ13号事故調査委員会は、爆発の原因を同定した。 1965年には、コマンドmuduleは28から65ボルトのDCからの酸素タンク内のヒータに許容電圧を上げる含まれている多くの改善を受けていた。残念ながら、これらのヒーターにサーモスタットスイッチが変更に合わせて変更されませんでした。発射台上の1つの最後のテスト中に、ヒーターは長時間にあった。これは、その後著しく低下し、テフロン絶縁を有することが示された非常に高い温度(1000度F)に、ヒーターの近くに配線を行った。サーモスタットのスイッチは、65ボルトDCを搭載しながら開くようになった、おそらくシャットダウン溶接した。さらに、テスト中に他の兆候が見過ごさ行って、過熱の8時間から破損してタンクには、それが酸素で満たされた次回の潜在的な爆弾だった。その1970年4月13日に爆弾が爆発 - 地球から20万マイル。アポロ13号の乗組員は無事に1970年4月17日に太平洋に上陸した。画像クレジット:NASA

人気ブログランキングへ

|

« NY市場で1ドル79円台 円高へ逆戻り | トップページ | 色が見える仕組み - 目次 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/54613393

この記事へのトラックバック一覧です: Google Gmailで自動翻訳機能が利用可能に:

« NY市場で1ドル79円台 円高へ逆戻り | トップページ | 色が見える仕組み - 目次 »