« 1ドル84円台、1ユーロ109円台に | トップページ | スティーブ・ジョブズがiPadを初めて紹介したときのプレゼンテーション »

2012年3月16日 (金)

初代のぞみ車両300系と初の2階建て車両100系が引退 東海道・山陽新幹線

 JR東海道・山陽新幹線で「のぞみ」の運行が開始されたとき、新幹線はずいぶん速くなったなと思いました。1992年に初代のぞみの車両として採用されたのが、300系新幹線です。300系の導入により、新幹線の営業最高速度は100系の220キロから270キロにアップしました。300系は1993年には山陽新幹線にも乗り入れました。

 100系は0系の先端の部分がとんがったような形をしていて、ヘッドライトが横長の目のようになった車両です。1985年に「ひかり」として運行が開始されました。東海道新幹線としては2003年に姿を消しましたが、その後は山陽新幹線の「こだま」として使われました。100系で初めて新幹線の2階席が登場し、グリーン車両として使われました。

 新幹線は2008年に0系が引退、2010年に400系(山形新幹線つばさ)が引退しています。そして、2012年3月16日に100系と300系がそろって引退しました。

 下の写真は300系の新幹線です。ずいぶん前に新横浜駅で撮影したものです。

Pb260413

こちらは豊橋駅に入線する300系新幹線

Pb270039_2

人気ブログランキングへ

|

« 1ドル84円台、1ユーロ109円台に | トップページ | スティーブ・ジョブズがiPadを初めて紹介したときのプレゼンテーション »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/54234179

この記事へのトラックバック一覧です: 初代のぞみ車両300系と初の2階建て車両100系が引退 東海道・山陽新幹線:

« 1ドル84円台、1ユーロ109円台に | トップページ | スティーブ・ジョブズがiPadを初めて紹介したときのプレゼンテーション »