« 画面の拡大と縮小 Windows | トップページ | Google Drive »

2012年2月25日 (土)

いっきに円安の流れに

24日のNY外国為替市場は、米国の景気回復を背景に、円売りドル買いが進みました。円は一時1ドル81.22円をつけました。一方、ユーロはギリシャに対する追加の支援策のが一段落しため、ユーロが買われやすい状況となり、円安が進んで一時109円台をつけました。

いっきに円安の流れになった背景には日銀が14日に決定した追加金融緩和と1%のインフレターゲットの設定があります。米国の景気回復とギリシャ債務問題が前向きに進んでいる状況との相乗効果でしょう。

ただし、日銀の動きは遅いと言わざるを得ません。せめて震災後に適切な動きを取っていたら、ここまで厳しい円高が長期間続くことはなかったのでないかと思います。この間にも、だいぶ、産業空洞化が進みました。

また、インフレターゲットの1%について、民主党の円高・デフレ対策特別チーム座長の直嶋正行元経済産業相が目標水準としては低いと指摘しています。与党と内閣と日銀の考え方のずれが露呈しています。

人気ブログランキングへ

|

« 画面の拡大と縮小 Windows | トップページ | Google Drive »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/54072010

この記事へのトラックバック一覧です: いっきに円安の流れに:

« 画面の拡大と縮小 Windows | トップページ | Google Drive »