« 折りたたみ式小型電気自動車の映像 Hiriko Citycar | トップページ | 空飛ぶペンギン »

2012年2月 7日 (火)

A is for ATOM

 1952年にアメリカの電力会社ゼネラル・エレクトリック(GE)社が原子力発電推進のために製作した広報映像です。A is for ATOMは、すべては原子力から始まるという意味です。

A Is For Atom (1952)

 映像は原子爆弾のキノコ雲から始まり、原子の時代が始まったと。そして、またキノコ雲が出てきて、この力を理解する時が来たと。キノコ雲が原子力がみなぎる巨人になります。

 そして、物質が原子からできていること、ドクター・アトムによる原子の構造の説明が始まり、やがて核分裂の説明となります。

 そして、巨人が世界中に送電線を張り巡らせていくという展開になっています。

人気ブログランキングへ

|

« 折りたたみ式小型電気自動車の映像 Hiriko Citycar | トップページ | 空飛ぶペンギン »

物理」カテゴリの記事

理科教育」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/53924279

この記事へのトラックバック一覧です: A is for ATOM:

« 折りたたみ式小型電気自動車の映像 Hiriko Citycar | トップページ | 空飛ぶペンギン »