« スプーンの内側に顔が逆さまに映る理由 | トップページ | アサヒ飲料とFREEMOBILEが Wi-Fi 機能付き自動販売機で無料でインターネット接続サービスを提供 »

2012年1月 3日 (火)

スコットランドのトーマス・メルビルがナトリウム輝線を発見

スコットランドのトーマス・メルビルは主に分光学と天文学の分野で活躍した自然科学者です。彼は、1752年の1月3日と2月7日にエジンバラで行われた学会で、光と色の観察という報告をしています。

彼は、種々の塩類の炎色反応の炎をプリズムで分光し、そのスペクトルの観察結果を示し、すべての塩類のスペクトルにおいて、同じ波長に輝線が生じていることを報告しました。この輝線は塩類に不純物として含まれていたナトリウムによるものでした。Photo

彼はこの輝線が何に由来するのか突き止めていませんが、初めてナトリウム輝線を発見したということで、しばしば、フレーム発光分光法の父と呼ばれています。

人気ブログランキングへ

|

« スプーンの内側に顔が逆さまに映る理由 | トップページ | アサヒ飲料とFREEMOBILEが Wi-Fi 機能付き自動販売機で無料でインターネット接続サービスを提供 »

今日は何の日」カテゴリの記事

光の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/53643738

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランドのトーマス・メルビルがナトリウム輝線を発見:

« スプーンの内側に顔が逆さまに映る理由 | トップページ | アサヒ飲料とFREEMOBILEが Wi-Fi 機能付き自動販売機で無料でインターネット接続サービスを提供 »