« 浅田真央選手が緊急帰国 2011-2012GPファイナルは欠場に | トップページ | 鈴木明子選手はSP2位 男子は厳しいスタート フィギュアスケートGPファイナル2011-2012 »

2011年12月10日 (土)

昭和の脚本家 市川森一さんが亡くなる

テレビが家庭の娯楽の中心であった昭和時代に活躍した脚本家の市川森一さんが亡くなりました。肺がんだったそうです。享年70歳。

市川森一さんは1966年に円谷プロダクションの怪獣ブースカの脚本でデビューし、その後はウルトラセブン、コメットさん、マイティジャック、怪奇大作戦、帰ってきたウルトラマン、仮面ライダー、シルバー仮面など、子ども向け番組を中心に脚本を手がけました。

1972年にウルトラマンAのメインライターを手がけた後は、子ども番組から大人のドラマの脚本を手がけるようになりました。太陽にほえろ、傷だらけの天使、「淋しいのはお前だけじゃないなどの民放ドラマや、「黄金の日々」「山河燃ゆ」「花の乱」などのNHK大河ドラマの脚本を手がけました。

1988年公開の映画「異人たちとの夏」では日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞しました。

2003年に紫綬褒章を、2011年には旭日小綬章を受章しています。

市川森一さんには、子どもの頃から、テレビドラマを通じて、人生観、正義とは、悪とはなどを、いろいろと学ばせてもらったように思います。

ご冥福をお祈りします。

人気ブログランキングへ

|

« 浅田真央選手が緊急帰国 2011-2012GPファイナルは欠場に | トップページ | 鈴木明子選手はSP2位 男子は厳しいスタート フィギュアスケートGPファイナル2011-2012 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/53448404

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の脚本家 市川森一さんが亡くなる:

« 浅田真央選手が緊急帰国 2011-2012GPファイナルは欠場に | トップページ | 鈴木明子選手はSP2位 男子は厳しいスタート フィギュアスケートGPファイナル2011-2012 »