« 浅田真央選手 全日本選手権に参戦を決断 | トップページ | Google 未来へのキオク  ストリートビューの機能で被災地の被災前後の画像を公開 »

2011年12月13日 (火)

鈴木梅太郎 オリザニン発見を報告

 現代においては「脚気」は直る病気ですが、昔は不治の病として人々にたいへん恐れられていた病気です。今では脚気はビタミンB1の不足で起きる病気であることが知られてい
ますが、当時は原因不明の病気だったのです。日本では、元禄時代に江戸の町で大流行し、以後昭和に入るまでにたくさんの人々が脚気で命を失いました。

 脚気の原因がビタミンB1の不足であることを突き止めたのは、鈴木梅太郎という農芸化学者です。彼は脚気にかかった鳩に米糠を与えると、脚気が治ることに気がつきました。
1910年に脚気を治す成分を米糠から抽出することに成功し、12月13日にその研究成果を発表しました。また、 1911年1月の東京化学会誌に「糠中の一有効成分に就て」という題名の論文が掲載されました。 彼はこの成分を「アベリ酸」と命名し、後に名前を「オリザニン」と付け直しました。このオリザニンがビタミンB1だったのです。

 しかし、残念ながら彼の研究成果は日本の医学界では無視されてしまいました。当時、日本の医学界で脚気は伝染病であるという考えが中心的だったためです。彼の論文はドイツ語に翻訳されましたが、「オリザニンは新しい栄養素である」という1行が削除されて
しまったため、世界的な注目を受けることはありませんでした。

 翌1911年、ポーランドのカシミール・フランクがオリザニンと同じ成分を抽出することに成功し、生命(ビタ)に必要な有機化合物(アミン)であるとしてビタミンと名付けました。鈴木梅太郎は間違いなく世界で初めてビタミンを発見した人です。しかし、世界で注目を受けることがなかっため、ビタミンの発見をカシミール・フランクに譲ることになりました。

人気ブログランキングへ

|

« 浅田真央選手 全日本選手権に参戦を決断 | トップページ | Google 未来へのキオク  ストリートビューの機能で被災地の被災前後の画像を公開 »

今日は何の日」カテゴリの記事

化学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/53474459

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木梅太郎 オリザニン発見を報告:

« 浅田真央選手 全日本選手権に参戦を決断 | トップページ | Google 未来へのキオク  ストリートビューの機能で被災地の被災前後の画像を公開 »