« 今年の漢字は「絆」 2011年  | トップページ | 鈴木梅太郎 オリザニン発見を報告 »

2011年12月13日 (火)

浅田真央選手 全日本選手権に参戦を決断

お母さんの急病によりGPファイナルを欠場した浅田真央選手。お母さんが亡くなってしまい悲しみにくれる中で、今シーズンの今後の予定をどのようにするのか気になっていました。

しかし、浅田真央選手は悲しみのを乗り越え、早々に全日本選手権の出場を決断しました。お母さんの思いを考えれば、今後の予定をこなすことが一番の恩返しになるのだろうと思いますが、精神的に乗り切れるかどうかが心配でした。

しかし、浅田真央選手は生前の家族との約束をしっかり守り、今後も自分の夢に向かって、やるべき事をしっかりやるとのコメントを出しています。

浅田真央選手は、お母さんからの勇気をもらって、一回りも、二回りも強くなるのではないかと思います。

12日にマネジメント会社が発表した浅田真央選手のコメント全文
応援してくださっている皆さん、スケート関係、及びマスコミの皆さんへ
 この度は、大変ご心配をおかけするとともに、試合直前の欠場となり、大変ご迷惑をおかけしました。
 最初ケベックで連絡を受けたときは、今すぐに帰りたい、という気持ちと、試合を欠場しても良いのか?という思いで複雑でしたが、すぐに帰国して良かったと思っています。
 帰る飛行機の中では、色々な事を考えましたが、きっとお母さんは自分が帰ってくるのを待っていてくれると信じて、ずっと祈っていました。
 しかし、成田空港に到着してすぐにメールを確認すると、「ママは頑張れなかった」というお父さんからのメールを見て、涙が止まりませんでした。
 それでも、もしかしたら、と思い、名古屋の病院に駆けつけ、何度も「真央だよ!」と叫びましたが、やすらかな顔をしたお母さんは、やはり目を開くことはありませんでした。
 でも、充分頑張ったし、もう、痛い思いをしないで済むんだ、と思うと、少しホッとする部分もあります。
 この半年、容態が良くない時が時々あり、名古屋を離れる時は、いつもこれが最期かも、と思いながら出発していました。まだ、信じられない気もしますが、お母さんに今までより近くで見守られている気がします。
 私たち姉妹にたくさんの愛を注いでくれたお母さんに、何度「ありがとう」と言っても足りません。
 生前、家族で約束した通り、今後も自分の夢に向かって、やるべき事をしっかりやることが、お母さんも喜んでくれる事だと思い、今まで通り練習に励みたいと思います。
 皆さん、今後とも応援よろしくお願いします。        
  浅田真央

第80回全日本フィギュアスケート選手権大会 開催予定 出場選手 テレビ放送予定  2011-2012

人気ブログランキングへ

|

« 今年の漢字は「絆」 2011年  | トップページ | 鈴木梅太郎 オリザニン発見を報告 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/53473620

この記事へのトラックバック一覧です: 浅田真央選手 全日本選手権に参戦を決断:

« 今年の漢字は「絆」 2011年  | トップページ | 鈴木梅太郎 オリザニン発見を報告 »