« 月の満ち欠けの仕組み | トップページ | PDFやOffice系ソフトウェアから画像を取り出すソフトウェア Office Image Extraction Wizard/PDF Image Extraction Wizard »

2011年12月15日 (木)

牛レバーの内部にO157発見

牛のレバー(肝臓)による食中毒の多くはカンピロバクターによるものです。

過去に腸管出血性大腸菌O157による食中毒が発生した事例はありますが、これは牛を解体したときに、他の部位からO157が肝臓の表面に付着したのが原因と考えらていました。

ところが、厚生労働省の調査により、牛のレバー(肝臓)の内部に腸管出血性大腸菌O157が存在する場合があることがわかりました。牛のレバーにはカンピロバクターはいるがO157はいないという従来の判断が覆りました。

この調査で、肝臓が分泌する胆汁がO157を増殖させることもわかりました。腸管にいるO157が、胆汁をためる胆嚢を経由して肝臓の内部に移動すると考えられています。

現在、厚生労働省は飲食店などに生レバーの提供を控えるように指導していますが、これでユッケなどの生食用牛肉と同様に食品衛生法で生レバーの提供が罰則付きで規制される可能性があります。

人気ブログランキングへ

|

« 月の満ち欠けの仕組み | トップページ | PDFやOffice系ソフトウェアから画像を取り出すソフトウェア Office Image Extraction Wizard/PDF Image Extraction Wizard »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/53489093

この記事へのトラックバック一覧です: 牛レバーの内部にO157発見:

« 月の満ち欠けの仕組み | トップページ | PDFやOffice系ソフトウェアから画像を取り出すソフトウェア Office Image Extraction Wizard/PDF Image Extraction Wizard »