« 毎回気になる小さな賭け | トップページ | 安藤美姫選手 今季は完全休養でソチ五輪をめざすことを表明 »

2011年11月 1日 (火)

円相場は1ドル78円前後で膠着状態

31日の政府・日銀の為替介入から、円相場は78円前後で膠着状態となっています。Dolloryen

為替介入の効果は長続きしないと思いますので、何かきっかけがあれば再び円高へ向かうと思います。

ドル買い・円売りを行うと、市場からドルが減り、円が増えることになりますので、円・ドルの需給バランスが改善されることになります。

ただし、通常、日銀は円売りの後に、国債の売りオペなどをして、円を市場から回収しています。今回は何もしない方が良いと思いますが、日銀はどのような動きをするでしょうか。

人気ブログランキングへ

|

« 毎回気になる小さな賭け | トップページ | 安藤美姫選手 今季は完全休養でソチ五輪をめざすことを表明 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/53135297

この記事へのトラックバック一覧です: 円相場は1ドル78円前後で膠着状態:

« 毎回気になる小さな賭け | トップページ | 安藤美姫選手 今季は完全休養でソチ五輪をめざすことを表明 »