« 日経平均株価も大幅下落 9700円台割り込む | トップページ | 政府・日銀が為替介入 »

2011年8月 4日 (木)

政府と日銀はいち早く為替対策に乗り出すべき

4日朝の野田財務相のコメントは「今日も引き続きマーケットの動向を注意深く見守っていきたいと思う」だそうだ。為替介入について質問されると、今日もその答えは「コメントできない」だそうだ。

民主党政権は円高に対して「注視する」だの「見極める」だのと言い続けていますが、今必要なのはSUZUKIの副社長が政府に苦言を呈した通り、行動だと思います。

このままだと、日本国内でもの作りができなくなってしまいます。生産拠点が海外に移動すると、国内での雇用が失われます。もの作りの現場なくして技術立国はあり得ません。

国内の産業が空洞化していくわけですから、民主党が重要な課題として対策を掲げている少子化も加速するでしょう。今のやり方ではもう駄目です。バラマキはやめて抜本的に見直すべきでしょう。

人気ブログランキングへ

|

« 日経平均株価も大幅下落 9700円台割り込む | トップページ | 政府・日銀が為替介入 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/52387256

この記事へのトラックバック一覧です: 政府と日銀はいち早く為替対策に乗り出すべき:

« 日経平均株価も大幅下落 9700円台割り込む | トップページ | 政府・日銀が為替介入 »