« 笑うクルマ | トップページ | コンピューターウイルス作成罪が可決 »

2011年6月17日 (金)

IE9の自動更新が6月21日から開始

マイクロソフトが6月21日から、Internet Explorer 9 ( インターネット・エクスプローラ9 ) の自動アップデートを行うと発表しました。日本以外の国は4月に行われましたが、日本は大震災の影響を鑑み延期されていました。

対象となるOSはWindows 7、Windows Vista、Windows Server 2008(R2も)です。

IE9は自動的にはアップデートされません。アップデートの準備が完了すると、IE9を「インストールする」「インストールしない」「後で確認する」の3つの選択をすることができます。

「インストールする」を選ぶと、現在使用しているIEのお気に入りなどの設定を引き継いでバージョンアップが行われます。

「インストールしない」を選ぶと、インストールが回避され、次回から自動更新をするかどうかの確認が出なくなります。もちろん、「インストールをしない」を選んでも後でインストールすることは可能です。

そもそも自動更新のチェックもしたくないという場合には、予めInternet Explorer 9 Blocker ToolkitをOSにインストールしておくことができます。これをインストールしておくと、IE9のバージョンアップを完全に回避することができます。Internet Explorer 9 Blocker Toolkitの詳しい説明は下記にあります。

http://technet.microsoft.com/ja-jp/ie/gg615600

人気ブログランキングへ

|

« 笑うクルマ | トップページ | コンピューターウイルス作成罪が可決 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/51966660

この記事へのトラックバック一覧です: IE9の自動更新が6月21日から開始:

« 笑うクルマ | トップページ | コンピューターウイルス作成罪が可決 »