« リモートセンシングとは | トップページ | 物質は何からできているか? 原子 »

2011年5月 3日 (火)

プラスチックの語源

 プラスチックという言葉の意味を考えていくと、プラスチックがどのような性質をもつ材料なのかが見えてきます。日本語でプラスチックというと、多くの場合はプラスチック材料やプラスチックで作られたもののことです。ところが、英語のプラスチックplasticには、日本語と同じ名詞としてのプラスチックという意味の他に、形容詞としての「形を作ることができる」という意味があります。もともとplasticはギリシャ語で塑造という意味をもつplastikos という単語に由来しています。塑造とは粘土などの柔らかな材料で像などを造ることです。

 プラスチックが意味する「形を作ることができる」という性質のことを可塑性または塑性といいます。可塑性とは「外から力を加えると形を変えることができ、力を取り除いても元の形に戻らない性質」という意味です。例えば、粘土の固まりは、力を加えると変形しますが、力を取り除いても元の固まりに戻ることはありません。また、ゴムのように「外から力を加えると形を変えることができ、加えた力を取り除くと元の形に戻る性質」を弾性といいます。

プラスチックは合成樹脂とも呼ばれます。樹脂は松ヤニや漆などのように樹液が固まったもので、自然から得られる樹脂のことを天然樹脂といいます。私たち人類は古代から天然樹脂を利用してきましたが、天然樹脂は採れる量が少ないうえに取り扱いが面倒という問題がありました。そのため、人類にとって天然樹脂に代わる材料を手に入れることは積年の夢でした。やがて天然樹脂によく似た性質を持つ物質が人工的に作り出されると、それらの物質のことを合成樹脂と呼ぶようになりました。今日では、合成樹脂というと原料や素材、プラスチックというと成型品を意味することが多いようですが、言葉の使い分けに厳密な区別はありません。

人気ブログランキングへ

|

« リモートセンシングとは | トップページ | 物質は何からできているか? 原子 »

化学」カテゴリの記事

身近なもののしくみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/51567080

この記事へのトラックバック一覧です: プラスチックの語源:

« リモートセンシングとは | トップページ | 物質は何からできているか? 原子 »