« ワードの印刷レイアウト表示で上下の空白が表示されない - Microsoft Word 2003 | トップページ | ワッショイするラーメン »

2011年5月 9日 (月)

ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世がガリレオに謝罪

 ガリレオは1609年に自作の望遠鏡で天体の観測を行い、木星に4つの衛星、土星に2個の衛星、月面のクレーター、太陽の黒点の動き、金星の満ち欠けなどを発見しました。これらの天体の観測によって、ガリレオは当時主流であった天動説を否定し、コペルニクスの地動説を支持しました。しかし、ローマ教皇庁による宗教裁判で有罪となり獄中で生涯を終えました。

 1965年にローマ教皇パウロ6世がピサを訪問したときに、ガリレオに対する宗教裁判について言及し、裁判の見直しが始まりました。

 それから27年後の1992年にローマ法王パウロ2世がガリレオ裁判が誤であったことを公式に認めています。ガリレオがこの世を去って350年後のことでした。

 ガラス玉にレンズのはたらきを見つけたのが天動説を唱えたプトレマイオス、レンズを使って天動説が間違いであることを見つけたのがガリレオ・ガリレイです。

 ちなみに、凸レンズと凹レンズを組み合わせた望遠鏡をガリレオ式望遠鏡といいます。このタイプの望遠鏡は、1608年にオランダの眼鏡店のリッペルスハイが発明したことからオランダ式望遠鏡とも言います。

472pxjustus_sustermans__portrait_of

人気ブログランキングへ

|

« ワードの印刷レイアウト表示で上下の空白が表示されない - Microsoft Word 2003 | トップページ | ワッショイするラーメン »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/51623773

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世がガリレオに謝罪:

« ワードの印刷レイアウト表示で上下の空白が表示されない - Microsoft Word 2003 | トップページ | ワッショイするラーメン »