« 開いているIEのウィンドウを一括で全て終了する方法 | トップページ | ワードの印刷レイアウト表示で上下の空白が表示されない - Microsoft Word 2003 »

2011年5月 8日 (日)

NECがPC-8001を発表

 1979年5月8日、NEC(日本電気)は日本初の本格的なパソコンPC-8001を発表しました。同機は同社が1976年に発表した自作コンピュータキットTK-80をもとに開発されたパソコンです。同機のCPUは8ビット、RAMは16キロバイトでした。キーボードと一体化となったCPU本体とCRTディスプレイが基本構成で、記録装置のカセットテープレコーダや、出力装置のプリンタを取り付けることができました。本体ROMにマイクロソフト社のベーシック言語(BASIC)が搭載されており、初心者でも簡単にプログラムを作成して動かすことができました。8色のカラー表示機能を使って、画面に円や四角を描いて遊んだ記憶がある人も多いと思います。

 PC-8001は9月28日に発売開始となりました。パソコンゲームのソフトウェアや業務用ソフトウェアの開発が盛んに行われるようになったのも同機の発売がきっかけでした。

 PC-8001は当時としては画期的な仕様のパソコンであり、価格が16万8千円であったこともあって、大ヒットしました。その後、NECはPC-8001の後継機や、PC-8801シリーズ、NEC-9801シリーズを市場に投入、DOS/Vパソコンが登場するまで、日本のパソコン市場でトップシェアを誇りました。

ちなみに9月28日は「パソコンの日」と言われています。この日はNECが制定したものではなく、また、どこの組織が制定のかは定かではありません。しかしながら、PC-8001の発表がその後のパソコンブームの火をつけることになったことから、9月28日が「パソコンの日」と言われるようになったのは間違いないでしょう。

1979年というとキャンディーズが解散した次の年か・・・

人気ブログランキングへ

|

« 開いているIEのウィンドウを一括で全て終了する方法 | トップページ | ワードの印刷レイアウト表示で上下の空白が表示されない - Microsoft Word 2003 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/51613630

この記事へのトラックバック一覧です: NECがPC-8001を発表:

« 開いているIEのウィンドウを一括で全て終了する方法 | トップページ | ワードの印刷レイアウト表示で上下の空白が表示されない - Microsoft Word 2003 »