« キーボードでタスクマネージャを起動する方法 - Windows XP/7 | トップページ | 半減期が帰着するところは確率 »

2011年4月18日 (月)

タスクマネージャで確認できないSVCHOST.EXEプロセスを表示 - svchost viewer / Process Explorer

Windowsの調子が悪くなったとき、どのプロセスがおかしくなっているか確認するのにタスクマネージャを使います。

そのとき、おかしくなっているプロセスの名前がわかれば良いのですが、場合によってはSVCHOST.EXEがおかしくなっている場合があります。SVCHOST.EXEはWindosに読み込まれているサービスなのですが、どのSVCHOST.EXEがどのサービスに対応しているのかわからないため、何が原因でおかしくなっているのかわかりません。

Windows 7のタスクマネージャではこの点が改良されました。Windows 7のタスクマネージャではサービスを確認するタブが追加されました。特定のサービスを右クリックして[プロセスの表意]を選ぶと、そのサービスのSVCHOST.EXEを表示することができます。反対にプロセスタブでSVCHOST.EXEを右クリックして[サービスの表示]を選ぶと、そのSVCHOST.EXEで稼働しているサービスを表示することができます。

SVCHOST.EXEに割り当てられているサービスは複数ありますので、サービスを表示するときは、PID順に並べなおすと良いでしょう。

Taskman

Windows XPではこのようなことができません。また、Windows 7にしてもSVCHOST.EXEを確認する使い勝手はよくありません。

SVCHOST.EXEの詳細を確認する便利なツールがあります。ひとつはProcess Explorerというソフトウェアで、もうひとつは svchost viewerです。

■Process Explorer

ダウンロード : http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb896653

こちらのソフトウェアはSVCHOSTで動いているプロセスをすべて確認することができます。もちろん、その他のプロセスも確認することができます。プロセスを Killしたり、Restartしたりすることも可能です。プロセスの作動の優先度を設定したり、プログラムのプロパティを呼び出すことも可能です。また、インターネットでプロセスを検索することができるようになっており、そのプロセスがどんなものかを確認することができます。

これがあるとタスクマネージャは必要ありません。

インスト-ルは上記URLからZIPファイルをダウンロードし、解凍したファイルを任意のフォルダにコピーして実行するだけです。

Processex

■svchost viewer

ダウンロード : http://svchostviewer.codeplex.com/

SVCHOSTの中身だけを確認したいなら、こちらのソフトウェアが手軽です。

Windows 7の場合は、SVCHOST.EXEのPIDと動いているプロセスの情報がわかれば、タスクマネージャのサービスタブで

インスト-ルは上記URLからZIPファイルをダウンロードし、解凍したファイルを任意のフォルダにコピーして実行するだけです。PIDがすぐにわかるので、あとはタスクマネージャで確認するだけです。タスクマネージャからサービスの停止や開始をすることができます。

Svchostv

人気ブログランキングへ

|

« キーボードでタスクマネージャを起動する方法 - Windows XP/7 | トップページ | 半減期が帰着するところは確率 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/51425084

この記事へのトラックバック一覧です: タスクマネージャで確認できないSVCHOST.EXEプロセスを表示 - svchost viewer / Process Explorer:

« キーボードでタスクマネージャを起動する方法 - Windows XP/7 | トップページ | 半減期が帰着するところは確率 »