« そごう八王子店 2012年1月末日で閉店 | トップページ | 2011年 世界フィギュアスケート国別対抗戦 出場選手 / 日程 »

2011年2月25日 (金)

スティーブンソンが蒸気機関車の実験に成功(1814/02/25)

イギリスの5ポンド紙幣の裏面に、19世紀に活躍したイギリスの発明家ジョージ・スティーブンソンの肖像画が印刷されています。

 ジョージ・スティーブンソンは1781年に炭坑労働者の次男として誕生し、やがて炭坑で石炭を運ぶトロッコのかわりに、ワットの蒸気機関を利用した機関車が作れないだろうかと考えました。

 彼は蒸気機関車の開発を進め、1814年の今日、蒸気機関車の実験に成功しました。同年7月25日、彼の蒸気機関車ブリュッヘル号は石炭運搬用の貨車を8台引いて時速6.4Kmで走ることに成功、1825年にはロコモーション号が35台の貨車と客車を引いて、ストックトン~ダーリントンを時速18Kmで走りました。彼は自分の子ロバートと鉄道の開発をさらに進め、1830年には、親子で作ったロケット号がマンチェスター~バーミンガム間を時速40kmで走りました。このことをきっかけに、鉄道網が急速に拡大しました。その後、親子は鉄道全体について考える鉄道接師という職種につき、鉄道の発展に大きく貢献しました。スティーブンソン親子は鉄道の父と呼ばれています。

 実は蒸気機関車の本当の発明者はスティーブンソン親子ではなく、リチャード・トレヴィシックです。彼はワットの蒸気機関を利用して蒸気機関車を発明しました。しかし、当時のレールでは蒸気機関車を走らせることが難しく実用にまでこぎつけませんでした。スティーブン親子の鉄道発展への貢献が大きく評価され、親子が蒸気機関車の発明者と言われるようになりました。

 ちなみに、日本に蒸気機関車がやってきたのは1871年(明治4年)です。1872年に、新橋~横浜に鉄道が開通しました。

人気ブログランキングへ

|

« そごう八王子店 2012年1月末日で閉店 | トップページ | 2011年 世界フィギュアスケート国別対抗戦 出場選手 / 日程 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/50962344

この記事へのトラックバック一覧です: スティーブンソンが蒸気機関車の実験に成功(1814/02/25):

« そごう八王子店 2012年1月末日で閉店 | トップページ | 2011年 世界フィギュアスケート国別対抗戦 出場選手 / 日程 »