« 21日の夕方に皆既月食 | トップページ | フィギュアスケート 2010年 第79回全日本選手権大会の出場選手 »

2010年12月20日 (月)

Oracle Open Office 3.0 / Oracle Cloud Office

Sun Microsystemsを買収したOracleがOpen Officeの商用版のOracle Open Office 3.3と、クラウドで稼働するOfficeソフトウェア Oracle Clound Office 1.0を発表しました。

これらのソフトウェアはOpen Document Format(ODF)とMicrosoft Officeのファイル形式を扱うことができます。

Oracle Colud Officeは、Google DocsのようにWebアプリケーションとして使えるOfficeソフトウェアです。当然、OpenOfficeやMicrosoft Officeのファイルも取り扱うことが可能です。

Oracle Clould Officeには2種類あり、企業などが自社のサーバに組み込んで使うことができるProfessional Editionと、プロバイダ業者などがユーザーに提供するために使うことができるService Providersというバージョンがあります。

Oracle自身がサービスを提供するわけではないようですし、Oracle Cloud Officeはオープンソースではないようです。

Open Cloud Officeがどんな感じで作動するのかはOracleがYouTubeにデモ映像を公開しています。

Oracle Cloud Office

Oracle Cloud OfficeはWindows、Mac OSX、Linuxで稼動するようです。GoogleのAndroidでは稼動しないのだろうと思います。

Google DocsやMicrosoft Offceのクラウド版は無料で公開されている中で、Oracle Cloud Officeが有償どのようなサービスを展開しようとしているのか少し興味があります。

人気ブログランキングへ

|

« 21日の夕方に皆既月食 | トップページ | フィギュアスケート 2010年 第79回全日本選手権大会の出場選手 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/50352952

この記事へのトラックバック一覧です: Oracle Open Office 3.0 / Oracle Cloud Office:

« 21日の夕方に皆既月食 | トップページ | フィギュアスケート 2010年 第79回全日本選手権大会の出場選手 »