« ISU ロシア大会 安藤美姫選手が優勝 鈴木明子選手は2位 | トップページ | 柳田法務相が辞任 »

2010年11月21日 (日)

ISU 2010/2011 グランプリファイナル出場選手ほぼ決定

2011-2012シーズンは下記をご覧ください。

http://starfort.cocolog-nifty.com/voorlihter/2011/11/isu-2011-2012-9.html

---

ISU 2010/2011 グランプリファイナル出場選手がほぼ決定しました。

現在のランキングは下記のページで参照することができます。

ISU Grand Prix of Figure Skating 2010/2011 Ladies

今回のグランプリでは2大会優勝で総合30ポイントを獲得したのは安藤美姫選手だけでした。

JPN CAN CHN USA RUS FRA
1 Miki ANDO JPN 15 15 30
2 Carolina KOSTNER ITA 15 11 26
3 Kanako MURAKAMI JPN 11 15 26
4 Akiko SUZUKI JPN 13 13 26
5 Rachael FLATT USA 13 13 26
6 Ashley WAGNER USA 7 11 18
7 Amelie LACOSTE CAN 11 7 18
8 Ksenia MAKAROVA RUS 13 4 17
9 Alissa CZISNY USA 15 X 15
10 Agnes ZAWADZKI USA 5 9 14
14 Cynthia PHANEUF FRA 9 X 9
15 Kiira KORPI FIN 9 X 9

上位5名まではグランプリ・ファイナル出場決定です。6人目は誰になるかというと、フランス大会の結果を待たなければなりあせん。

フランス大会には浅田真央選手が出場してきます。浅田真央選手の調子が戻っていれば、浅田真央選手が1位となるでしょう。するとシズニー選手は2位か3位、同じくフランス大会に出場するフランスのシンシア・ファヌフ選手とフィンランドのキーラ・コルピ選手は1位を取るのは難しいでしょう。そう考えると、6人目のファイナル出場選手は米国のアリッサ・シズニー選手でほぼ間違いないと思います。

今年は浅田真央選手がNHK杯で8位となり、ファイナル出場がなくなりました。キム・ヨナ選手も出場回避です。2人がいないということもありますが、安藤美姫選手は精神的に安定し、演技も充実しています。怪我が心配ではありますが、女王の座につく可能性は十分あります。

(追記)フランス大会終了し、出場選手は下記に決定となりました。

http://starfort.cocolog-nifty.com/voorlihter/2010/11/isu20102011-cb5.html

人気ブログランキングへ

|

« ISU ロシア大会 安藤美姫選手が優勝 鈴木明子選手は2位 | トップページ | 柳田法務相が辞任 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/50087450

この記事へのトラックバック一覧です: ISU 2010/2011 グランプリファイナル出場選手ほぼ決定:

« ISU ロシア大会 安藤美姫選手が優勝 鈴木明子選手は2位 | トップページ | 柳田法務相が辞任 »